eスポーツ国内No1の情報サイト

ミュゲムス - eスポーツ国内No1の情報サイト

ニュース 大会情報

アジアオリンピックの種目にe-スポーツが決定。登録タイトルにはあの有名ゲームも!?

投稿日:2018年6月28日 更新日:

eスポーツ オリンピック 公式種目 アジア競技大会

アジアオリンピックとは?

アジアオリンピックとはその名の通りアジア内で行われる国際大会のことです。
正式名称は「アジア競技大会」といいます。

「アジア版オリンピック」と言われる通り、4年に1度の周期で開催されています。

2010年に開催された競技会は過去最大級の種目数となり、種目にはチェスや囲碁などを含む42競技476種目が行われました。
チェスや囲碁も競技として扱われたこのアジアオリンピックですが、なんとeスポーツは2022年の大会で公式種目になることが決定したのです。

気になる競技内容とは?

e-スポーツが公式種目となるのは2022年ですが、その前回である2018年にはデモンストレーションとしてe-スポーツ大会が開催されます。
アジアオリンピックと並行して、同会場で別の大会を開催するイメージでしょうか。

そのデモンストレーション種目として行われる競技タイトルは
「FIFA2017」「Dota 2」「StarCraft」「Hearthstone」「THE KING OF FIGHTERS 14」となります。

eスポーツ アジアオリンピック FIFA2017 Dota2

出典:ねとらぼ

どれもe-スポーツとして確立されているタイトルです。

日本人は参加できるの?

アジアに所属する国が参加するオリンピックですので、もちろん日本にも参加資格はあります。
参加には国内のe-スポーツ団体が正式にプロとして認定することが必要です。

しかし日本人は「e-スポーツ後進国」と呼ばれるほど、e-スポーツに関して法整備などがすすんでいません。
なので日本代表チームが出場するのは難しいかもしれません。

オリンピックの公式種目化は?

eスポーツ オリンピック 公式種目

アジアオリンピックだけでなく、オリンピックに公式種目として登録しようという機運もあります。
しかし、オリンピック保守派からは懐疑的な意見も多く聞かれ、国際オリンピック委員会(IOC)の会長も否定的です。
その理由はと言うと、e-スポーツに認定されているゲームはほとんどがFPSと呼ばれる「人と人が銃で撃ち合う」ゲームです。
つまり、平和や非暴力を理念にするオリンピックの方針とは合わないのです。

ただし、サッカーゲームの「FIFA」シリーズをはじめとしたスポーツゲームについてはオリンピックの競技となるかもしれないとも譲歩の姿勢をみせています。
2024年のオリンピックを招致するパリ五輪招致委員会の会長はe-スポーツを競技として採用することを視野に入れています。

これからe-スポーツを取り巻く状況は変わるかもしれません。
まだまだ目が離せませんね。

スポンサーリンク

-ニュース, 大会情報
-, , , , , , ,

Copyright© ミュゲムス - eスポーツ国内No1の情報サイト , 2019 All Rights Reserved.