激闘の『ストリートファイターV AE』

アメリカ・ラスベガスで現地時間8月3日~5日まで世界最大級の格闘ゲームの祭典『EVO 2018』が行われました。

全8タイトルのゲームが採用され、熱い戦いが繰り広げられました。

その中のタイトルの1つに『ストリートファイターV アーケードエディション』があります。

決勝戦の対戦カードは?

世界中からプレイヤーが参加した今年の決勝戦は、ときど選手VSPROBLEM X選手という組み合わせでした。

ときど選手は、前回のEVO2017のストリートファイターV部門で優勝しており、メディアでも大きく取り上げられたのは記憶に新しいと思います。今回2連覇をかけて挑みます。

PROBLEM X選手はイギリスのプレイヤーで、ストリートファイターシリーズを主にプレイしています。相手の行動をじっくり見極めてから的確に行動していく選手で、2017年度ヨーロッパ圏で最も活躍しました。

EVO2018ストVの決勝戦結果

出典:dメニューニュース

試合は1試合2ラウンド3セット先取です。

ときど選手は敗者復活で勝ち上がっており、PROBLEM X選手より1試合分多く勝たなければ優勝する事ができません。

試合結果は?

ときど選手は豪鬼を選択しました。

豪鬼は体力とスタン耐性は最低クラスですが、攻めの強い攻撃特化型のキャラクターで、Vトリガーを発動時の強化でさらに爆発力が増します。

対するPROBLEM X選手はベガを選択しました。

ストリートファイターシリーズのラスボスのベガですが、今作ではトリッキーな動きと多彩な奇襲と高い火力が特徴のキャラクターとなっています。

大会前のインタビューでも、ときど選手は注目選手としてPROBLEM X選手の名前を挙げていました。

試合は両者接戦となる中、ときど選手が1試合先取し、スコアリセットします。

しかし冷静に相手の動きを見極めたPROBLEM X選手が後半ペースを掴んでいくと、ときど選手を下し、EVO2018の『ストリートファイターV AE』部門での優勝を飾りました。