eスポーツ国内No1の情報サイト

ミュゲムス - eスポーツ国内No1の情報サイト

大会情報

EVO2018『鉄拳7』熱戦の大会結果は

投稿日:2018年8月15日 更新日:

EVO2018鉄拳7の結果は

人気の3D格闘ゲーム

「EVO2018」において、『鉄拳7』が競技タイトルとして選ばれました。

鉄拳シリーズは初代プレイステーションからあるタイトルで、そのシリーズは現在まで続いている人気3D格闘ゲームです。

日本国内でも人気ん高い作品ですが、海外でも人気があり、特に韓国は「鉄拳大国」とも呼ばれるほどに人気とプレイヤーレベルの高さで知られています。

決勝の対戦カードは?

『鉄拳7』の決勝は、Qudans(クダンス)選手VS LowHigh(ロウハイ)選手で、どちらも韓国のプレイヤーです。

Qudans選手は、初代鉄拳からシリーズをプレイしている古参プレイヤーで、デビル仁使いのカリスマとして名を馳せています。兵役の為に一時期鉄拳から引退していましたが、2017年に復帰、その実力は全く衰えていませんでした。

対するLowHigh選手は、活躍は2015年からと比較的最近ですが、シャヒーン使いの強豪として知られています。

EVO2018鉄拳7の結果

出典:the比較

試合の結果は?

Qudans選手はデビル仁、LowHigh選手はシャヒーンと、お互いに得意なキャラクターでの勝負となりました。

デビル仁は操作の難しいテクニカルなキャラですが、使いこなせるようになれば高いポテンシャルを発揮できるキャラクターです。

シャヒーンは強さと扱いやすさを兼ね備えた技を多く持つハイスタンダードなキャラで、しゃがみ状態からの二択が頼りになります。

Qudans選手はルーザーズで勝ち上がってきたため、追加で1試合勝つ必要があります。

試合は3ラウンド×3ゲーム先取です。

序盤は両者互角の戦いを見せる中、Qudans選手が1勝し、スコアリセットをしました。

ですが、後半LowHigh選手がリードします。

LowHigh選手が2ゲーム先取してリーチがかかります。お互いに2ラウンド取ったラストラウンド、Qudans選手が逆転を狙ってレイジアーツを放ちますが、LowHigh選手は冷静にガードし反撃します。

韓国プレイヤー同士の頂上決戦を、LowHigh選手が制しました。

大会結果は、上位8名中4名が韓国勢で、その実力を十分に発揮しました。

スポンサーリンク

-大会情報
-, , ,

Copyright© ミュゲムス - eスポーツ国内No1の情報サイト , 2019 All Rights Reserved.