『荒野行動』のeスポーツ大会『荒野Championship-元年の戦い』

バトルロイヤルゲームは、『PUBG』や『フォートナイト』を始めとして、人気のゲームのジャンルとなりました。 その中の人気タイトルの1つに『荒野行動』があります。2017年末にスマホ版がリリースされてから順調にユーザー数を伸ばしており、現在では全世界に3億人が登録しています。Windows版もリリースされ、2019年にはPS4版の配信も決定しています。

そんな『荒野行動』の全国規模のeスポーツ大会『荒野Championship-元年の戦い』の開催されます。

5月5日より正式始動する本大会は、15歳以上の5人1組のチーム戦となり、ゲーム内から直接エントリーできる全国大会です。予選大会は、1週間の期間内に各チーム毎週30試合のチャンスが設けられており、週単位の結果で成績が累計していきます。

1週目に結果を残せなくても、2週目にやり直して再び勝ち残るチャンスがあるので、期間中にチームワークを強化したり実戦での練習を積み重ねていくことができます。

全国オンライン予選、オンライン選抜戦、東・西日本王者決定戦と勝ち抜いてきた東日本と西日本それぞれ9チーム計18チームに、「荒野HIGHシーズン2」にて荒野王者決定戦の決勝優先進出権を獲得した2チームを加えた全20チームにより、「荒野Championship-元年の戦い」荒野王者決定戦が行われます。 この大会の賞金総額は2500万円以上で、優勝チームには1000万円が贈られるなど、非常に高額です。

「Fight for Five」

日本のGooglePlayベスト・オブ2018のユーザー投票部門最優秀賞やApp Store BEST OF 2018のトップゲームにも選ばれてきた『荒野行動』ですが、これほど大きなeスポーツ大会は本作初であり、日本国内最大規模で開催されます。

荒野Championship-元年の戦い

大会は人気も高くプレイヤー人口も多いモバイル版で開催されます。

大会のスローガンは「Fight for Five(5人のために戦う)」となっており、チームワークは欠かせません。

5月5日は『荒野行動』のプレイヤーにとっては「荒野行動の日」になりそうです。