eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト

ミュゲムス - eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト

ゲームタイトル 大会情報

Dota 2大会『まらカップ2019 -in 瀬戸内LAN-』

投稿日:2019年5月23日 更新日:

Dota 2大会『まらカップ2019 -in 瀬戸内LAN-』

Dota2大会『まらカップ』

Dota 2大会『まらカップ』は、「人生にゲームを、ゲームに実感を。」をテーマとし、地方・食文化・ゲーマーを繋げる団体『ENLIFE』が主催しているDota 2大会です。

『まらカップ』は2016年10月、2017年2月、2017年6月、2018年8月とこれまでに4回開催されており、今回で5回目の開催となります。 競技形式は、オンライン予選を経て決勝戦をオフライン会場にて実施するという本格的な大会形式です。前回大会の『まらカップ 2018』では、全31チームによるトーナメント形式の予選が繰り広げられました。

Steamを運営しているValveが提供する『Dota2』とは

Dota 2大会『まらカップ2019 -in 瀬戸内LAN-』

『Dota 2』とは、MOBA(Multiplayer Online Battle Arena)ジャンルの始祖ともいえる『Defense of the Ancients Allstars』(DotA)をvalveがリメイクした作品で、2013年7月にSteamにて提供され始めました。

『Dota 2』以外のMOBA系タイトルには、『League of Legends』や『Heroes of the Storm』、『カオスヒーローズオンライン』などがあります。

基本的な勝利条件は、「相手の本拠地を破壊する」こと。各チーム5人のプレイヤーが3つのレーンに分かれて出撃し、タワーとよばれるオブジェクトを破壊しながら本拠地の破壊を狙っていくのです。

『Dota 2』では現在100種類以上のヒーローが実装されており、それらを組み合わせた戦術の奥深さや競技性の高さから、多くの人に愛されており世界大会「The International」(TI)の賞金は総額20億ドル、Steamで最も同時接続数が多いゲームとなっています。

ゲーム内のポイントを用いてチャンピオンを購入する『League of Legends』と異なり、『Dota 2』最初から殆どのヒーローを使用する事が可能です。レベルによって開放されていくルーンなどの要素もないため初心者も上級者も同じ条件で遊ぶ事ができます。

『Dota 2』における課金要素はキャラクターの見た目を変える装備やリーグの観戦券など、ゲームの勝敗には影響しないものです。

また「The International Battle Pass」と呼ばれるシーズンパスを購入すると、売り上げが世界大会の賞金となる上、ゲームをプレイしシーズンレベルを上げることで更なる得点を入手できるという点もよいでしょう。

※『The International 2019』のバトルパス販売されました。

まらカップ 2019 大会概要

開催日程

エントリー開始:5月8日~

オンライン予選:5月25日、5月26日

オフライン決勝:6月16日14時~

オフライン決勝 会場:mitte 宇品(@MitteUjina)(https://www.mitte-ujina.com/

SPゲスト:SingSing(@SingSing)https://twitter.com/SingSing

決勝戦に参加するチームのメンバーは広島までの交通費、宿泊費(1泊分)が支給されます。

試合形式

予選 シングルエリミネーショントーナメント BO1

決勝 2本先取制(BO3)

モード キャプテンズモード

エントリー枠 最大32チーム

参加資格

運営と日本語で意思疎通ができる

日本国内在住

オフライン決勝戦(6月16日)に出場できる

大会用Discordに参加できる

今大会におけるルールや諸注意などはエントリー後大会用Discordで告知。

※決勝戦出場が確定した際、出場チームに所属する未成年の方は保護者による承諾が必要。

リザーブ登録は2人まで

賞品

優勝

・The International 2019 入場チケット×5

※交通費・宿泊費は各個人負担。

・谷本牧場より牛肉

Dota 2大会『まらカップ2019 -in 瀬戸内LAN-』

SteelSeriesよりArctis 5 2019 Edition ×5

Dota 2大会『まらカップ2019 -in 瀬戸内LAN-』

準優勝

・SteelSeriesよりQcK Edge Medium ×5

Dota 2大会『まらカップ2019 -in 瀬戸内LAN-』

他にも決定次第告知が行われるという事です。

瀬戸内LAN Vol.0

また、『まらカップ 2019 -in 瀬戸内LAN-』からは、主催に『瀬戸内LAN実行委員会』を加えており、『瀬戸内LAN Vol.0』内のイベントの一環として『まらカップ 2019』を開催する事が告知されています。

『瀬戸内 LAN Vol.0』は6月14日から6月16日の3日間に渡って開催され、『まらカップ』以外にも、『オートチェス』や『広ぷよフェスタ』などのステージイベントも行われる予定です。

最後に

今回は、日本における『Dota 2』のイベント「まらカップ」についてまとめてみました。

Dota 2は競技人口数も多く、大会観戦も容易なためSteamからインストールし、是非観戦してみて下さい。カスタムゲームの『AUTO CHESS』も本編の『Dota 2』も非常に面白いですよ!

スポンサーリンク

-ゲームタイトル, 大会情報
-,

Copyright© ミュゲムス - eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト , 2019 All Rights Reserved.