eスポーツ国内No1の情報サイト

ミュゲムス - eスポーツ国内No1の情報サイト

ニュース 大会情報

日本野球機構がスプラトゥーン2の大会を開催

投稿日:2018年8月12日 更新日:

第4回スプラトゥーン甲子園が開催

日本野球機構の試み

プロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」の開催も決定している日本野球機構は、ニンテンドースイッチ用のゲーム『スプラトゥーン2』を採用したプロ野球12球団が出場するeスポーツ大会『NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2』を開催すると発表しました。

12球団の代表チームとして、日本野球機構と球団に選ばれた12チーム48名が参加します。

応募できるのは「第4回 スプラトゥーン甲子園」の出場チームのうち、大会に参加を希望するチームです。

応募期間は12月31日までで、選考日程は全国決勝大会終了から来年3月までを予定しています。

また、「第4回 スプラトゥーン甲子園」を日本野球機構が後援することも決まりました。

『スプラトゥーン2』は子供から大人まで一緒にプレイでき、ルールはシンプルながら競技制も高いゲームです。

本大会では成績に応じて賞金は出ませんが、本大会及びプロモーション活動等への稼働に対する手当を参加者一律で支払う、とされています。

「第4回 スプラトゥーン甲子園」に出場したチームに受付で応募カードを受け取り、エントリー後に書類選考と選考面談を経て所属球団が決まります。

日本野球機構は『実況パワフルプロ野球』のプロリーグの発表もしましたが、今回は野球ゲーム以外での試みとなっています。

同時に「NPB eスポーツシリーズ」として、さらなるeスポーツ界への進出ともなっています。

NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2

出典:4gamer.net

まずはスプラトゥーン甲子園

代表チームに選ばれるには、まずは「第4回 スプラトゥーン甲子園」への参加が必要となります。

全国12地区で行われる予選を勝ち抜いたチームによる決勝大会は、非常にハイレベルなものとなります。

予選は夏休み期間から始まり、約半年をかけて争われます。

若い層から、将来のスター選手が出てきて、『NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2』でどんな活躍をしてくれるのかに注目したいところです。

スポンサーリンク

-ニュース, 大会情報
-, , ,

Copyright© ミュゲムス - eスポーツ国内No1の情報サイト , 2019 All Rights Reserved.