日本eスポーツ連合と超教育協会が共同で

eスポーツが注目されるにしたがって、ゲームやイベントに関心が集まりますが、同時にeスポーツを通じた教育にも誕生してきています。

日本eスポーツ連合(JeSU)公式サイトにて、超教育協会と共に「eスポーツ超学校」を設置することを発表しました。

「eスポーツ超学校」は、eスポーツを通じた教育の機会を提供することを目的としたコミュニティおよび連絡組織です。

日本でも熱が高まるeスポーツにおいて、超教育協会とJeSUが具体的な取り組みとして推進していくために設置するもので、eスポーツの教育への導入に関心を持つ大学、専門学校、高等専門学校、高等学校、中学校、小学校によるコミュニティとしてのワーキンググループを形成していきます。

具体的な取り組みとして、「共同カリキュラムの作成・提供、修了認定」、「eスポーツの教育的効果に関するリサーチの実施、エビデンスの取得」、「クラブ活動の活性化に向けた活動」などを行なっていきます。

また、eスポーツ業界の有識者もeスポーツ超学校にフェローとして参画し、共同カリキュラムの講師を務めていくことになります。

eスポーツを教育の場に

eスポーツは、ゲームの1つのムーブメントに留まらず、教育の面でも活用され始めています。

ゲームが子供の成長に悪影響を及ぼす、といった懸念は未だ払拭されませんが、「eスポーツ超学校」の誕生によって、教育の場にeスポーツが取り入れられていき、さらなるeスポーツの拡大にも繋がるかもしれません。

超教育協会とJeSUは、eスポーツ超学校における取り組みを通じて、eスポーツプレーヤーをはじめとするeスポーツ人材の育成を進めるとともに、eスポーツの授業への採用や部活動を促進し、eスポーツが持つ教育的価値の探索を進めていきます」とコメントしており、今度の「eスポーツ超学校」の動きにも注目が集まりそうです。