宮城県内では初のeスポーツ専門学校

eスポーツは今までは個人でプレイしていくだけのものと考えられており、プロになるにはひたすらゲームをしているだけと思われてきましたが、近年のeスポーツの流行によって、eスポーツに関する授業を行う学校も増えてきました。

宮崎県宮崎市内にある医療事務/コンピュータ/総合ビジネス/保育士・幼稚園教諭/スポーツの専門学校である「宮崎情報ビジネス医療専門学校」において、2020年新たに「eスポーツ&ITコース」が新設されます。

これは宮城県内で初となります。

★TVCM★2020/2/20よりOA!時代は今、君の夢に追いついた!

カリキュラムの内容としては「ゲーム実習」だけでなく「フィジカル/メンタルトレーニング」「英会話」といった世界を舞台に活躍するeスポーツプレイヤーとして必要となる技術のほかにも、「ゲーム配信実習」「イベント企画/運営」などeスポーツイベントに関する人材の育成も視野に入れています。

目指す職業としてプロゲーマー以外にも、ストリーマーやイベントスタッフ、プロモーションやマネジメントです。

県内外のプロゲーマーによる指導のほかにも、eスポーツコミュニケーション合同会社による監修、宮崎県eスポーツ協会をはじめとする関係団体との連携によって、より充実した指導環境を整えています。

専用スタジアムも新設

扱うゲームタイトルは、「ぷよぷよ」や「ウイニングイレブン」、「リーグ・オブ・レジェンド」などの全国各地の国体でeスポーツの競技として採用されているものを扱っていきます。

また、専用のeスポーツスタジアム「MSG eSports Stadium」も新設し、宮崎県eスポーツ連合の事務所を設置するとともに、外部のイベントに貸し出すことも予定しています。

eスポーツのプロ選手は、すべての人が希望してなれるものではありません。しかし、eスポーツに関連した職業は、注目されていませんが多く存在します。

「ただゲームをしているだけ」と思われているeスポーツですが、卒業生が活躍する日も遠くはないかもしれません。