eスポーツ国内No1の情報サイト

ミュゲムス - eスポーツ国内No1の情報サイト

eスポーツとは

最近よく聞く「eスポーツ」はご存知でしょうか?
「eスポーツ」とは「エレクトロニック・スポーツ」の略で、複数のプレイヤーが対戦するゲームによる競技のことを言います。
ゲームを娯楽ではなく、スポーツや競技としてとらえる考え方で、元々はゲームのオンライン対戦から生まれたものです。
ゲームのオンライン対戦による大会などをさらに拡大し、実際の競技のように厳密にルールを定め、運営されています。

そもそも「スポーツ」とは、日本語では運動や体育ととらえられていますが、本来のスポーツ(sport)の意味は「楽しむ・競技」という意味です。
ただ体を鍛えるだけではなく、仲間づくりや家族の触れ合いを目的とした運動も立派なスポーツなのです。
その中にはチェスやビリヤードといったものも含まれますし、もちろんゲームを通して「楽しむ」こともスポーツとして含まれます。

eスポーツは「FPS」(一人称視点のシューティングゲーム)と、「RTS」(戦略型のリアルタイムストラテジーゲーム)の2種類が主にがeスポーツとして確立されています。
他にも格闘ゲームや、サッカーや野球のゲームでもe-スポーツ化されています。

 

eスポーツの歴史

eスポーツは元々はゲームのオンライン対戦から生まれたものです。
ある程度の知名度を持ったゲームは、オンライン対戦機能を使った公式大会が開催されます。
eスポーツという概念が登場するまでは公式大会の商品はトロフィーや賞状などでしたが、
ある日、とあるアメリカのゲーム会社の社長が「公式大会で優勝した者への商品として」と高額なスポーツカーを進呈すると発表しました。
それ以来、そのゲームの大会参加者はどんどん増えていき、それに合わせて賞金や賞品を増やしていったところ、ついに合計賞金150万ドルを超える額になってしまいました。
これはひとつのゲーム会社が大会の優勝賞金としてまかなえる金額ではありません。そのため、ゲーム会社ではなく、その大会そのものにスポンサーがつくようになりました。
これほど大々的になったことで、正式に競技化しようということになり、こうしてe-スポーツという概念が生まれました。

 

eスポーツの問題

海外では普及しはじめているeスポーツですが、日本ではまだまだ浸透しおらず、日本はeスポーツ後進国といえます。
ゲームを娯楽として見ている人が多く、「ゲームがスポーツ?運動してないじゃん」といったような意見が散見されます。

こうした人々の認識を覆したところで、次は法律の問題があるのです。
ゲームを競技化し、eスポーツとして開催した場合、賞金が必要となってきます。
しかし海外の基準に合わせて高額化すると「不当景品類及び不当表示防止法」に抵触するおそれがあります。
大会を開催する側が「こいつを優勝させたい」と望むプレイヤーを優勝させるために、システムやルールを有利なように改変したりすることを禁じる法律です。
また、「賭博罪」にも引っかかるおそれがあります。
もし、海外のeスポーツ大会で優勝し賞金を持ち帰ったとしても、その賞金が上記の法に触れた入手によるものであるとみなされることもあり、そのため海外のeスポーツ大会では「日本人が優勝した場合、優勝者への賞金は0とする」という文言が添えられることもあります。

 

こういった背景から日本はeスポーツ後進国といわれています。
制度や運営についてeスポーツ発展のために2017年末に日本でもeスポーツ議員連盟が設立されました。

投稿日:2018年6月24日 更新日:

Copyright© ミュゲムス - eスポーツ国内No1の情報サイト , 2019 All Rights Reserved.