eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト

ミュゲムス - eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト

ゲームタイトル ニュース

『バーチャファイター2』25年前のゲームでeスポーツ大会

投稿日:2019年3月29日 更新日:

『バーチャファイター2』25年前のゲームでeスポーツ大会

世界初の3D対戦ゲーム

eスポーツでは若いプレイヤーの活躍が目覚ましく、新たな若手プロプレイヤーが次々に誕生しています。

しかし、対戦格闘ゲームに関しては「経験」も重要となるため、30代のプロプレイヤーも多く活躍しています。 「遊ぶ!ゲーム展ステージ3:デジタルゲーム ミレニアム」のイベントとして3月16日に行われた「バーチャファイター2 チャンピオンシップ『あそぶ!ゲーム展』杯」は、イベント名の通り『バーチャファイター2』を採用したeスポーツ大会でした。

『バーチャファイター』は1993年に登場した世界初の3D格闘ゲームです。複雑なコマンドをなくしてシンプルなボタン配置にしたことと、それまでにはない3D空間での対戦は熱狂的なプレイヤーを生み出し、続編となる『バーチャファイター2』では数多くの有名プレイヤーに注目が集まり、全国で大会が開かれるなど話題となりました。

若手プレイヤーばかりではない

当時現役でプレイしていた人は30~40代になっており、「バーチャファイター2 チャンピオンシップ『あそぶ!ゲーム展』杯」でも本戦に進出したプレイヤーの多くが40代でした。

一般的には年齢を重ねると「反応速度が落ちる」と言われており、特にeスポーツでは不利になる、と考えられています。しかし、大会では「衰え」を感じさせないプレイが続き、改めて『バーチャファイター2』の人気とプレイヤーの実力の高さを感じさせる結果となりました。 『バーチャファイター2』はセガから認定された「鉄人」という有名プレイヤーがいます。「バーチャファイター2 チャンピオンシップ『あそぶ!ゲーム展』杯」では「新宿ジャッキー選手」と「ブンブン丸選手」が大会に参加しました。

PS3版では今でもオンライン対戦ができるため、現役で『バーチャファイター2』を楽しんでいるプレイヤーもいます。 タイトルとしては約25年前のゲームですが、今でも全国にプレイヤーがいます。もしかしたら、今後は懐かしいタイトルでのeスポーツ大会や、シニアのプロプレイヤーの誕生などがあるかもしれません。

スポンサーリンク

-ゲームタイトル, ニュース
-

Copyright© ミュゲムス - eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト , 2019 All Rights Reserved.