eスポーツ国内No1の情報サイト

ミュゲムス - eスポーツ国内No1の情報サイト

ゲームタイトル

eスポーツに「ぷよぷよ」が認定タイトルに?

投稿日:2018年6月28日 更新日:

eスポーツ ぷよぷよ チャンピオンシップ セガフェス

あの長寿ゲーム

皆さんは「ぷよぷよ」をご存知でしょうか?
あのセガから販売開発を行っている落ち物パズルゲームです。
上から落ちてくる「ぷよ」を4個以上つなげて消し、「ぷよ」を連鎖的に消すことで相手にたくさんの「おじゃまぷよ」を送って妨害するという、あの「ぷよぷよ」です。

その「ぷよぷよ」がなんとe-スポーツになったのです!
eスポーツとは、「エレクトロニック・スポーツ」の略で、複数のプレイヤーが対戦するゲームによる競技のことを言います。
eスポーツは日本でも認知され始めてきており、日本eスポーツ連合が結成されています。
その日本e-スポーツ連合が発行する「ジャパン・eスポーツ・プロライセンス」認定タイトルに「ぷよぷよ」が決定したのです。

初の「ぷよぷよ」eスポーツ大会

2018年3月にeスポーツに認定された「ぷよぷよ」は4月に優勝賞金100万円の大会を開催しました。
その名も、「ぷよぷよチャンピオンシップ in セガフェス2018」。
セガグループのイベント「セガフェス」の中で開催されました。

参加者は事前にプロライセンスを取得した11名の選手、そして前日に一般プレイヤーによって行われたジャパン・eスポーツ・プロライセンス認定大会「ぷよぷよカップinセガフェス2018」で上位入賞を果たし、ライセンスを取得した4人を合わせた計15名となりました。
その15名によるトーナメント戦が行われました。

プロライセンスを取得した超上級者の対戦は熾烈で、
対戦時間はどれも1分程度の短い時間ながら、あらゆるテクニックが凝縮されているスーパープレイに会場は見入ってしまうほどでした。

激戦を制して決勝戦に駒を進めたのは、Kamestry選手とくまちょむ選手。
ともに20年前から大会で対戦していたという「ぷよぷよ」の宿命のライバル同士による対決でした。
またたく間に大連鎖を仕込んだり、合間に小さな連鎖を作り相手の連鎖の起点を潰したりと息もつけない激しい対戦が繰り広げられ、
終始安定したプレイをし、自分のペースを守り抜いたくまちょむ選手が勝負を制し、「ぷよぷよチャンピオンシップ」初代チャンピオンに輝きました。

eスポーツ まちょむ選手 ぷよぷよチャンピオンシップ 初代チャンピオン

プロライセンスを取るための方法は?

「ぷよぷよ」ならやったことある、得意だという読者もきっといるでしょう。
では、eスポーツとなった「ぷよぷよ」のプロライセンスを取るにはどうしたらいいのか、気になりませんか?

この回答についてはセガゲームスが明確に解答を出しています。
それはすなわち、日本eスポーツ連合が認定した「ぷよぷよ」のeスポーツ大会で上位に入ることです。
もしくは、国内外で行われている大会での実績などを踏まえてセガゲームスから推薦を受け、それを日本eスポーツ連合が認めれば、プロライセンスが発行されます。
要するに、実際に大会で優勝したなどの何らかの実績があればライセンスが取得できるというわけです。

「ぷよぷよ」に限らず、何らかのeスポーツのプロライセンスを発行してもらうと、プロライセンスの保有が出場資格となる大会に出場することができます。
プロライセンスの保有が出場条件となる大会では高額な賞金が用意されていることがほとんどです。
つまり、プロライセンスを持つほどのプロゲーマーなら、ゲームだけで生活ができてしまうかもしれないのです。
海外のプロゲーマーはそうやって生活している人もいるようですよ。

スポンサーリンク

-ゲームタイトル
-, , , , , ,

Copyright© ミュゲムス - eスポーツ国内No1の情報サイト , 2019 All Rights Reserved.