ガラナを配合したサプリ

エナジードリンクなどはeスポーツに欠かせない食品として、大会や配信の際によく目にするようになり、新商品も各社から続々発売されています。

しかし、エナジードリンクに使われているカフェインやカロリーの摂り過ぎてしまうという問題もあります。

株式会社愛しとーとが、開発・販売するeスポーツプレーヤー専用の食べるチュアブルタイプのサプリメント「e-supple Guaranine(イーサプリ ガラニン)」を発売しました。

商品名にもあるように、コーヒーなどのカフェインよりも体に優しく持続性が期待できるブラジル産の「ガラナ」の種子から抽出したガラニンに、ビタミンB群の一種でもあるイノシトール、身体を温めるジンジャーも配合しています。アップルジンジャー味の「e-supple Guaranine」は、カロリーは2粒あたりわずか2.4Kcalと低く、糖質やカロリーを気にせず摂取できるのも特徴です。

同社ではこれまで、興奮した脳をクールダウンさせてくれる「GABA(ギャバ)」と長時間モニターを見続ける方を労わる「Lutein(ルテイン)」の2種類を販売していますが、「e-supple Guaranine」は、ここぞという勝負時に集中力を高めたい人におすすめのパワーチャージ系サプリメントとなっています。

発売と同時に注目

「e-supple Guaranine」は発売開始と同時にTwitterを通じてゲーマーの中で話題になり、新登場の発表動画はわずか4日で16000回も再生されるなど、すでに注目を集めている商品です。

eスポーツプレーヤー向けのサプリ「e-supple Guaranine」
出典:愛しとーと

eスポーツは他のスポーツに比べて集中力を必要としますが、あまり動かないためカロリーが消費しにくいスポーツです。

カフェインやカロリーの摂り過ぎによる健康被害も懸念されていますが、「e-supple Guaranine」であればそれらの問題を解決できるかもしれません。

また、勉強やビジネスの場面でも活用が見込め、持ち運びもしやすいのも大きな利点と言えそうです。

今後はeスポーツイベントや配信の合間に、「e-supple Guaranine」を食べる選手の姿を見かける機会も多くなりそうです。