賞金総額は500万円

現在、eスポーツは世界的にも急成長遂げている業界の1つです。

そして新しいeスポーツイベントも続々と誕生していますが、ゲーム業界以外の企業が主催するケースも増えてきました。

GFA株式会社は、eスポーツ大会「The Craze For CAMELOT Vol.0 ~SFV Dream Exhibition Match~ 」を9月13日に開催することを発表しました。

GFA株式会社はファイナンシャルアドバイザリー事業や投融資事業を手掛ける企業です。

「The CRAZE For CAMELOT」は、GFA株式会社が主催する初のeスポーツ大会で、初回大会のタイトルに、世界的にも人気の対戦格闘ゲーム『ストリートファイターⅤ チャンピオンエディション』が採用されました。

大会賞金総額は500万円、優勝賞金は300万円と非常に高額です。

大会形式の詳細は発表されていませんが、イベントの模様はYoutubeなどのプラットフォームで配信を予定しています。

プロプレイヤー参戦も発表

有名プロプレイヤーも参戦決定しています。

20年間にわたり世界の頂点に立ち続ける「ウメハラ」選手。

世界大会3種を制覇した「ももち」選手。

EVO 2017 ストV部門優勝を果たした「ときど」選手。

2013年スーパーストリートファイターIV公式世界大会CapcomCup王者「sako」選手。

海外ゲーム界より2DGODとも呼ばれる世界トップクラス選手「マゴ」選手。

TOPANGAリーグ史上初の最年少現役中学生出場という快挙を果たした「ひぐち」選手。

EVO Japan 2020優勝「ナウマン」選手。

業界最注目若手プレイヤーの「カワノ」選手。

以上の8名の参加が発表されており、大会のレベルも非常に高いものになりそうです。

『ストリートファイターⅤ チャンピオンエディション』は、発売からアップデートを繰り返し、さまざまに進化しながら常に対戦格闘ゲームの最前線にいたタイトルです。

2020年冬からは、ファイナルシーズンとなる「シーズンⅤ(ファイブ)」の発表もされており、アップデートによる変更やキャラクターの追加により、今後ますます盛り上がっているゲームタイトルに1つになりそうです。