企業によるeスポーツ

eスポーツが注目されるにしたがって、eスポーツイベントが多く誕生していますが、新しいリーグも生まれています。

その中にはプロアマ混合のリーグもあれば、アマチュアプレイヤーを対象としたリーグもあります。

凸版印刷とサイバー・コミュニケーションズは、社会人アマチュアeスポーツプレイヤー対象のリーグ「AFTER 6 LEAGUE」設立を発表しました。2020年8月から参画企業を募集し、10月から運営を開始します。

AFTER 6 LEAGUEは、企業によるeスポーツ活動の活性化、eスポーツをきっかけとした企業間交流の機会創出の実現を目的とするリーグです。「たたかう、つながる」をコンセプトに、eスポーツを通じてこれまで接点がなかった企業同士がぶつかり合い・闘うことで生まれる絆や、つながりの創出を支援することも目的としています。

またAFTER 6 LEAGUEは一般社団法人日本eスポーツ連合と一般社団法人東京ヴェルディクラブ後援の元、運営されていきます。

リーグ戦を実施するゲームタイトルは個人戦ではなく、チーム戦・団体戦のタイトルを採用することで、企業チーム内外の交流を促進していきます。採用ゲームは「リーグ・オブ・レジェンド」からリーグを順次開催していきます。

また2020年度内に登録企業数50社、年間約200試合、登録ゲームタイトル数6本を目指して活動を実施しています。国内におけるeスポーツ振興を目的とした普及・浸透活動を推進するとともに、社会人スポーツのひとつの選択肢として、eスポーツが根付くことを目指していきます。

新しいコミュニケーション

eスポーツはプロゲーマーや若者たちが楽しむもの、という固定観念を覆し、日本におけるコミュニケーションの1つになろうとしています。

社会人アマチュアeスポーツリーグ「AFTER 6 LEAGUE」設立
出典:ファミ通

年齢も性別も関係なく、同じゲームを楽しむことができるのが、eスポーツの特徴です。また、家庭用ゲーム機やゲーミングPCがなくても、スマホがあれば参加できるのも多いな魅力と言えます。