高級ホテルも参入

今、eスポーツに参入する企業や団体は増えており、新しいイベントが誕生したり、eスポーツ施設が続々オープンしています。

ですが、それ以外にも多くの企業がeスポーツを取り込もうとしています。

ゲーム市場専門の調査会社NewZooは、ゲーム市場における最新トレンドの1つとしてeスポーツを観光アトラクションとして捉えています。

『リーグ・オブ・レジェンド』のeスポーツリーグ「リーグ・オブ・レジェンド・欧州チャンピオンシップ」が2019年4月にオランダ・ロッテルダムで開催されたとき、開催期間の2日間でおよそ240万ユーロ(約2億9000万円)の経済効果がもたらされたといわれています。

さらに出場選手や観客は世界中から集まるため、彼らを取り込むためのホテルが誕生してきています。

オランダにある「The Arcade Hotel」の最大の売りが「Game Room」です。ニンテンドースイッチやプレイステーションといったゲーム機だけでなくゲーミングPCやゲーミングデバイスを揃えています。

台湾・桃園市にある「i Hotel」でもゲーミングPCやゲーミングチェアが各部屋に備え付けられています。

高級ホテルのヒルトンにもゲーミングルームが存在するなど、世界的な広がりを見せています。ヒルトン・パナマは2425号室を本格ゲーミングルームにしていますが、かなり先まで予約で埋まっているようです。

練習にも娯楽にも

また、ゲーム企業の元祖「Atari」もゲームホテル建設へ乗り出しています。

「Atari」は卓球ゲーム『ポン』の大ヒットで知られていますが、「Atari」のホテルではそれらレトロゲームもプレイできる他、VRやARを駆使した新しいゲーム体験もできるようになるようです。

eスポーツプレイヤーの取り込み狙うホテルが続々登場
出典:Little Tokyo

eスポーツ選手にとっては、遠征先でも練習ができる環境が整い、ゲーマーにとっては外泊先でもゲームができます。

このようなゲーミングルームは世界的に見ればまだまだ一部のホテルにしかありませんが、これから徐々に増えていきそうです。