すべての大会で賞金

現在、多くのeスポーツイベントが開催されていますが、すべての大会に賞金がついているわけではありません。

決勝大会のみ賞金が出るものや、まったく賞金が出ないものまでさまざまです。

ログリー株式会社は、2020年10月15日にeスポーツ大会プラットフォーム「Adictor(アディクター)」をリリースすることを発表しました。

Adictorは最大の特徴として、すべての大会に賞金を提供するほか、参加者の募集からトーナメントの自動生成機能や大会が終了後にログを残さないチャット機能など大会運営を支援する機能を搭載しています。

賞金はサービス内専用の独自の企業通貨「AdictorCoin」として発行され、プレイヤーは任意のタイミングでギフト券等との交換をすることが可能となっています。

また、「プラットフォーム内のレベル・ランキングシステム」を導入しています。

対人戦ができるタイトルでは「ランクマッチ」や「ランクバトル」と呼ばれる対戦モードが準備されています。これは、同じ競技レベルのプレイヤー同士が、公平に競うために設計されているもので、公式・非公式問わず、大会に参加するほどモチベーションの高いユーザーにおいては、常に上位ランクに滞在しています。

Adictorでは、そのようなコアユーザー向けにゲーム内の最上位層で更に盛り上がるための共通レーティングを導入しています。大会で上位戦績をおさめるごとに「XP」という経験値が発行され、一定の閾値ごとにレベルや称号を付与、ランキング形式で全ユーザーに公開されます。

ソロプレイヤーにもスポット

さらに、ソロ大会にも特化しています。

タイトルによってはチーム戦のみしか存在しないものもありますが、チームに所属していなかったり自分のペースで楽しんでいるプレイヤーにもスポットを当て、1人でも大会に参加できるような機能もあります。

日本初の全大会賞金付きeスポーツ大会プラットフォーム「Adictor」
出典:Gamer

すべての大会で賞金が出るということは、大会に参加するプレイヤーのモチベーションを高めることにも繋がることで、新たなスター選手が発掘されるかもしれません。