延期されていた大会

新型コロナウイルスの影響により、多くの大会やイベントが中止・延期に追い込まれています。2020年度の大会を完全に中止してしまう場合もありますが、オンライン形式で開催できるというeスポーツの利点を生かし、延期されていた大会を開催しようという動きもあります。

アニマックスブロードキャスト・ジャパンが運営するアニメ専門チャンネル「アニマックス」は、eスポーツ新規プロジェクト 「e-elements (イーエレメンツ)」の第一弾として主催する「League of Legends Spring Cup 2020」を予定していましたが、新型コロナウイルス感染症拡大を防止するため延期をしていました。

そのため、遠隔でも対戦できるeスポーツの特長を活かし、オンライン形式で大会を開催することを発表するとともに、装い新たに大会名称を「League of Legends Autumn Cup 2020」と変更し、8月14日よりチームエントリーを再開することを決定しました。

賞金総額は500万円と高額で、出場資格は、LJLロースター登録選手以外はアマチュア限定となっています。

オンライン第1次予選は2020年10月18日を「A日程」、2020年10月25日を「B日程」とし、両日程で最大256チームまでエントリー可能となっています。

オンライン2次予選:2020年11月1日、オンライン決勝トーナメント:2020年11月8日に行われ、優勝チームが決定します。

試合配信も予定

e-elements公式YouTubeチャンネルの開設し、大会オープニング映像を公開しています。今後も公式YouTubeチャンネルでは、大会の試合配信や映像コンテンツを公開していく予定です。

「e-elements League of Legends Autumn Cup 2020」大会オープニングムービー

元の大会は延期となってしまい、開催を望んでいたプレイヤーにとっても、参加を考えていた選手にとっても、今回の大会は待ち望んだものとなりそうです。

いつもの仲間と、春から新しく出会った人たちをチームを組むこともできます。オンライン開催のため、自宅やeスポーツスタジオからプレイができるとあって、コロナ禍でも盛り上がりそうな大会になりそうです。