ドライバー主導のチャリティ

新型コロナウイルスの蔓延により、多くのスポーツが延期や中止になっています。

そこで、多くのスポーツではeスポーツを取り入れる動きが盛んになっており、注目を集めています。

フェラーリの「シャルル・ルクレール」、レッドブルの「アレクサンダー・アルボン」、マクラーレンの「ランド・ノリス」、アルファロメオの「アントニオ・ジョビナッツィ」、ウイリアムズの「ジョージ・ラッセル」と「ニコラス・ラティフィ」の6名は、『Race for the World』という新たなeスポーツシリーズをスタートさせることを発表しました。

新型コロナウイルスの流行によってF1をはじめとするモータースポーツの開幕が遅れていますが、F1は公式バーチャルレースを開催するなどして、eスポーツを通してファンを楽しませてきました。

今回の『Race for the World』は、ドライバー主導によるチャリティーイベントが発足した形です。

『Race for the World』は4月11日、14日、17日の3夜にわたって開催され、いずれも日本時間では深夜に行なわれます。

このイベントで集まった寄付金は、世界保健機関の新型コロナウイルス対応基金に寄付される予定で、ドライバーたちは10万ドル(約1084万円)を目標額としています。

豪華な参戦ドライバー

参戦ドライバーは、上記6人のドライバー以外にも非常に豪華な顔ぶれが揃っています・

F1ドライバーらによる、寄付金募るeスポーツシリーズが発足
出典:Autoblog

フォーミュラEからは「アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ」、FIA F2からは「ジュリアーノ・アレジ」「カラム・アイロット」ら6名、そしてスーパーフォーミュラからは「ニック・キャシディ」が参加します。

さらにレアル・マドリード所属でベルギー代表のゴールキーパーを務めるサッカー選手、ティボー・クルトワも参戦ドライバーに名を連ねています。

豪華な顔ぶれは、eスポーツならではとも言えます。

実際のレースは行われない今だからこそ、eスポーツレースが注目されています。