世界を代表するeスポーツチーム

eスポーツチームの中には、世界的に有名なチームがいくつもあります。

その中の1つ「FNATIC」は、2004年に英国ロンドンで設立されました。世界のゲーム人口が最も多い「リーグ・オブ・レジェンド」「カウンターストライク:グローバルオフェンシブ」「レインボーシックス シージ」等でトップクラスの実力を持ち、世界大会での優勝など輝かしい実績があります。

現在でも有名プレイヤーが多数所属するマルチゲーミングプロチームとして、絶大な人気を誇っています。

FNATICは日本でのビジネス展開強化のアナウンスを兼ねた交流イベント「FNATIC NIGHT」を2019年11月15日に渋谷のWeWork アイスバーグにて開催します。

イベントの「eスポーツビジネスに関するディスカッション」は、「本当に強いeスポーツチームを作る秘訣とは?」や「世界のeスポーツ事情とeスポーツプロダクトのブランディング戦略」といった内容になっています。

FNATICの経営陣は世界の頂点を極めたメンバーから構成されており、説得力のあるディスカッションになりそうです。

ハローキティとのコラボ

FNATICは、ハローキティとのコラボレーションを実施しており、特設サイトでPC・スマホ用のオリジナル壁紙を配布しており、メールアドレスを入力すると入手できます。

これまでFNATICはアパレルやグッズ展開などにも力を入れており、これまでもNikeやChampionともコラボしています。

eスポーツチーム「FNATIC」ビジネス交流会イベントを開催
出典:ファミ通

11月15日には日本が誇る「Kawaii」カルチャーの象徴・サンリオのハローキティと、アメリカ発のグローバルコラボレーションの発表も予定されています。

サンリオとeスポーツというと、ちょっと意外なような気がしますが、2019年3月に日本のプロゲーミングチーム「DeToNator」とコラボを実施しています。

海外の有名eスポーツチームの日本展開は、国内のeスポーツシーンに少なからず影響を与えそうです。

今後のeスポーツ大会でFNATICの名前を見る機会が増えるかもしれません。