eスポーツ国内No1の情報サイト

ミュゲムス - eスポーツ国内No1の情報サイト

ニュース

「eXTREMESLAND 2018」インド代表Optic Indiaがチートツール使用のため失格

投稿日:

「eXTREMESLAND 2018」インド代表Optic Indiaがチートツール使用のため失格

「eXTREMESLAND 2018」とは?

「eXTREMESLAND 2018」とは、BenQのゲーミングブランドZOWIEが主催する「Counter-Strike: Global Offensive」のeスポーツ大会です。

Optic Indiaは、米国を代表するプロゲーミングチームOptic Gamingのインド部門。
失格となったforsaken選手ははOptic Indiaの創設メンバーの一人でした。

ことの経緯

「eXTREMESLAND 2018」インド代表Optic Indiaがチートツール使用のため失格

今回失格となったforsaken選手は上記画像の右から2番目の選手のです。

forsaken選手には、グループリーグ第1試合目のFrostFire(マレーシア)戦から不自然な動きがあったため、大会スタッフが監視にあたっていました。
そして19日の試合にて、途中でforsaken選手に不自然な動きが見られたため、スタッフが確認したところチートツールが含まれたUSBメモリをPCに刺していたことが発覚しました。
eXTREMESLANDでは、チートツールの使用はもちろんですが、外部ストレージの接続そのものが反則行為となります。

これによりOptic Indiaは即時失格となり、自動的に対戦相手のRevolution(ベトナム)の勝利となりました。

このあとのOptic Indiaはどうなる?

 

Optic Indiaは規定に基づき、全試合の記録が抹消され、翌日の飛行機で帰国となります。
チートツールを使用したforsaken選手はチームから追放となる見込みです。

また、この件について20日時点でOptic IndiaおよびOptic Gamingからの正式アナウンスはまだありません。

スポンサーリンク

-ニュース
-, ,

Copyright© ミュゲムス - eスポーツ国内No1の情報サイト , 2019 All Rights Reserved.