eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト

ミュゲムス - eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト

ニュース

【Rainbow Six Siege】のメディア対抗戦と日本のゲーミングPC市場

投稿日:2018年12月5日 更新日:

【Rainbow Six Siege】のメディア対抗戦と日本のゲーミングPC市場

レノボの社長も参戦のメディア対抗戦

11月27日、ソフマップAKIBA2号店内にある「e Sports Studio AKIBA」にて、FPSゲームタイトル「Rainbow Six Siege」のメディア対抗戦が行われました。

メディア対抗戦の名の通り、「PC Watch」「マイナビニュース」「GAME Watch」「ファミ通」「ASCII」「4Gamer.net」「ITmedia」「Engadget 日本版」の8つ媒体からプレイヤーがあつまったイベントです。

『Rainbow Six Siege』は施設に立てこもる「防衛側」とそこに突入する「攻撃側」による5vs5、総勢10人対戦のマルチプレイで人気を集めるゲームです。

仲間とのチームワークが勝利を左右する高い戦略性などが魅力で、プロリーグも存在しています。

今回のメディア対抗戦では5vs5ではなく、1vs1の2ラウンド先取で勝利となります。

マップは「領事館」でボムなどの補助武器や補強壁の設置は禁止となるため、手持ちの銃の腕前で勝敗が決まります。

トーナメントによる対戦の結果、「ASCII」と「ファミ通」が決勝に勝ち上がりました。

ファミ通の女性編集者・工藤エイムさんは「Rainbow Six Siege」歴は3年で、発売時からプレイしています。

プレイ経験の差がはっきりと表れ、イベントは「ファミ通」が優勝しました。

デビット社長からの挑戦状! ~Rainbow Six Siege大会~ メディア対抗戦

エキシビジョンでは、優勝した工藤さんとレノボ・ジャパンのデビット・ベネット社長との対戦が行われました。

ゲーミングPCの発展

デビット社長は、最近は『PUBG』をプレイしているなど、大のゲーム好きでもあります。

今回のイベントも、各媒体に贈られたデビット社長の「挑戦状」によるものでした。

レノボでもゲーミングPCを取り扱っており、日本でもPCゲーマーが増えた事による市場の拡大を狙う目的がありました。

日本ではゲームと言えば家庭用が普及していましたが、近年はPCゲームの人気も高まっており、ゲーミングPCを求めるユーザーが増えています。

今後は、本格的にeスポーツをするならPCは必須、という状況が起こるかもしれません。

決して安いわけではありませんが、eスポーツを続ける上で検討してみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

-ニュース
-, , ,

Copyright© ミュゲムス - eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト , 2019 All Rights Reserved.