eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト

ミュゲムス - eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト

ニュース リーグ・オブ・レジェンド

【League of Legends】の世界大会は中国代表「Invictus Gaming」が優勝!

投稿日:

「League of Legends」世界大会 中国代表「Invictus Gaming」が優勝!

「2018 League of Legends World Championship(Worlds)」

11月3日、ライアットゲームズ主催のLOL世界大会「2018 League of Legends World Championship」の決勝戦が開催されました。

今大会の決勝戦はBO5形式(全5戦、先に3勝を収めたチームが勝利)となり、決勝に勝ち上がったのは中国代表「Invictus Gaming」と欧州代表チーム「Fnatic」。
「Invictus Gaming」が勝てば、中国代表リーグ(LCL)出場チームからの初の世界チャンピオンです。

今大会では、「LoL」において強豪リージョンの代名詞ともいえる韓国チームらが準々決勝で全て敗退したり、今年の優勝候補と目されていた中国の「Royal Never GIve Up」もグループステージで敗退という番狂わせが続いています。
一方では日本チームが大健闘をみせ、日本リーグに新たな歴史を刻みました。
それらの番狂わせの中、「Invictus Gaming」がLCLからの初の世界チャンピオンとなるかもしれない最大の番狂わせをかけた戦いが始まりました。

試合状況

「League of Legends」世界大会 中国代表「Invictus Gaming」が優勝!

出典:GAMEwatch

「Invictus Gaming」は1戦目と2戦目を立て続けに勝利しましたが、「Fnatic」も負けてはいません。
3戦目では「Fnatic」のBroxah選手による痛恨のバロンスティールが成功。しかしながら試合の主導権を奪い返すことはできず、3戦目も「Invictus Gaming」の勝利となりました。
3勝先取により、「Invictus Gaming」の勝利が決定し、そして世界チャンピオンは「Invictus Gaming」となりました。

「League of Legends」世界大会 中国代表「Invictus Gaming」が優勝!

出典:GAMEwatch

試合を振り返ると、「Invictus Gaming」は集団戦より個人戦を得意としており、相手チームを1人ずつ潰していったりと優位を積み重ねていったことが勝利につながったように思えます。
「Fnatic」はどちらかというと集団戦よりの構成を取っていたため、「Invictus Gaming」の戦法に対応できなかっただろうと分析できます。

「2018 All-Star Event」開催

12月には世界14地域のプロ選手が参加する「2018 All-Star Event」も開催されます。
LoLに注目している方はこちらも要チェックです。

スポンサーリンク

-ニュース, リーグ・オブ・レジェンド
-, , , ,

Copyright© ミュゲムス - eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト , 2019 All Rights Reserved.