TCGの元祖『MTG

『マジック:ザ・ギャザリング』(以下MTG)は「トレーディングカードゲーム」というジャンルを作り出し、今なおリリースされ続けているゲームです。

後の『遊戯王』にも影響を与えていて、トレーディングカードゲームの元祖とも言えます。

世界中でプロツアーも行われ、プロプレイヤーも多数存在しており、戦略性の高さや定期的に新しいカードの発売によるデッキ環境の変化などが魅力です。

ゲームとしての人気はもちろんですが、イラストの綺麗さからコレクターも数多くいます。

 

実際のカードゲームも有名ですが、デジタルゲームにもMTGはあります。

現在最新の『MTGアリーナ』は基本無料で、オープンβが行われています。

PC向けのソフトで、自宅でオンライン対戦ができるのが特徴で、能力が視覚的に分かりやすく、それでいてMTGの魅力を損なっていないため、初心者から上級者まで幅広く楽しめます。

『マジック:ザ・ギャザリング』の新eスポーツプログラム実施

出典:マジカジ

MTGの製造・販売をしているウィザーズ・オブ・コースト社は、2019年に『MTGアリーナ』を用いた新たなeスポーツプログラムの実施を発表しました。

賞金総額は1000万ドル(約11億円)と非常に高額です。

2019年3月28日~31日には、アメリカ・ボストンで開催される「PAX East」にて、賞金総額約1億円のイベント「MTGアリーナ ミシックインビテーショナル」も開催されます。

「マジック・プロリーグ」も開催

また新しいeスポーツプログラムの1つとして、世界中から32名の強豪プレイヤーを集め、「マジック・プロリーグ」を2019年より開始も予定されています。

プロプレイの場となる「マジック・プロリーグ」のメンバーとして選ばれたプレイヤーとは約850万円の契約を結び、シーズンを通して『MTGアリーナ』で試合を行います。

参加する32名のプレイヤーは近日紹介予定とされていて、こちらのメンバーも楽しみです。

プロプレイヤーがどんなデッキを構築するのか、どんな試合展開するのかなどにも注目です。