ネットの部活

eスポーツの世界において、若手の選手の活躍は目覚ましく、意欲ある選手が次々に誕生しています。

近年では高校生が出場するeスポーツ大会も開催されています。

学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校(以下、N高)の部活動のひとつ「eスポーツ部」は、2020年4月より、オリジナルパソコンや周辺機器の販売を行う株式会社ユニットコムと、海外のeスポーツ用ゲーミングデバイスのECサイト「ふもっふのおみせ」を運営する株式会社フェルマーの2社とスポンサー契約を締結しました。

インターネットと通信制高校の制度を活用した「ネットの高校」N高では、部活動もインターネットを使い、全国に住む生徒同士の交流が盛んにおこなわれています。

eスポーツ部では、2020年3月時点で304人の部員が在籍し、ゲームを通した交流会、プロゲーマーによる特別指導を主な活動としています。

日本での高校生を対象としたeスポーツの大会が増え、N高eスポーツ部は以下の複数の大会で優秀な成績をおさめてきました。

・第18回アジア競技大会ジャカルタ・パレンバン「ウイニングイレブン 2018」金メダル

・全国高校対抗eスポーツ大会「STAGE:0」リーグ・オブ・レジェンド部門 優勝

・全国高校対抗eスポーツ大会「STAGE:0」ロッケトリーグ部門 3位

・「第2回全国高校eスポーツ選手権」リーグ・オブ・レジェンド部門 優勝

・「第2回全国高校eスポーツ選手権」フォートナイト部門 7位

交通費・宿泊費の支援

ネット部活では、全国各地に住む同級生と交流ができ、遠方に住むコーチにも指導を仰げるという利点もありますが、オフライン大会の参加や練習の際に生じる交通費・宿泊費のご負担が課題でしたが、今回のスポンサー契約による支援により、今まで以上に学生が活躍できる場が誕生しそうです。

今後のeスポーツ大会でもたびたび目にする機会があるかもしれないN高の活動に、これから注目が集まりそうです。