eスポーツ国内No1の情報サイト

ミュゲムス - eスポーツ国内No1の情報サイト

eBASEBALLパワプロ・プロリーグ ニュース

「パワプロ・プロリーグ」日本シリーズ 初代王者に西武ライオンズ

投稿日:

「パワプロ・プロリーグ」日本シリーズ 初代王者に西武ライオンズ

パワプロe日本シリーズ開催

1月12日、東京のTFTホールにて「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2018-19 SMBC e日本シリーズ」を開催されました。

日本野球機構とコナミデジタルエンタテインメントが開催したこの大会は、その名の通り『実況パワフルプロ野球20187』を採用したeスポーツ大会です。

プロ野球のeスポーツリーグとしては史上初で、プロ野球全12球団それぞれに、プロテストやドラフト会議を経て登録された1球団3名ずつのeスポーツ選手を登録し、ペナントレース~リーグ代表戦を経て、日本一を争います。

eスポーツ選手に対しては、活躍に応じてプロモーション協力費を報酬が与えられる大会としても注目を集めています。

今回のe日本シリーズで対決するのは、混戦のセ・リーグを勝ち上がった横浜DeNAベイスターズと、13勝2敗(11連勝を含む)という強さでパ・リーグを勝ち上がった埼玉西武ライオンズです。

それぞれの球団の監督である辻発彦監督とアレックス・ラミレス監督からのビデオメッセージが上映されました。

また解説は真中満氏と谷繁元信氏が担当し、試合の様子を分かりやすく解説しました。

試合の結果は?

1人3イニングごとに交代しながら9イニングを戦いますが、1試合のみの勝負です。

試合は3回ウラ、西武のミリオン選手のスクイズによる先制によって、試合の流れが変わります。

この回5点と大量リードした西武に追い付こうと、ベイスターズは4回と6回と8回に1点ずつ返しますが、試合は6-3で初代王者は西武ライオンズに決定しました。

優勝したライオンズ選手は喜びのあまり抱き合い、一方ベイスターズ選手は3回に大量失点を許してしまったヒデナガトモ選手が泣き崩れるなど、明暗が分かれました。

優勝した3名には報酬として177万円が支給されます。 また日本野球機構のコミッショナーはパワプロ・プロリーグを来シーズンも行う事を明言すると共に、会場で4年ぶりの最新作となる『プロ野球スピリッツ2019』の発表もされ、大いに盛り上がりました。

スポンサーリンク

-eBASEBALLパワプロ・プロリーグ, ニュース
-,

Copyright© ミュゲムス - eスポーツ国内No1の情報サイト , 2019 All Rights Reserved.