eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト

ミュゲムス - eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト

イベント情報 ニュース

愛知でeスポーツ国際イベント

投稿日:

愛知でeスポーツ国際イベント

国内4位の会場

今ではeスポーツイベントは各地で開催されるようになりました。2018年はアジア競技大会の種目にeスポーツが採用されるなど、非常に注目を集めています。

愛知県は、常滑市の中部国際空港島にできる「県国際展示場(アイチ・スカイ・エキスポ)」の開業イベントとして、eスポーツの国際大会が8月末に開かれる事が分かりました。

「県国際展示場」の面積は国内で4番目の6万平方メートルです。eスポーツ以外にも様々なイベント開催ができる展示場となっています。東京オリンピックなどで開催できなくなるイベントの呼び込みなども期待できます。

大会には欧米やアジアなど、eスポーツの盛んな地域から出場チームを招致し、展示場の運営事業者GLイベンツなどが運営に参加します。採用ゲームや試合や観戦の手法などはまだ決まっていませんが、インターネットでの世界配信も計画しているようです。

愛称「セントレア」で知られる中部国際空港があり、海外からのアクセスもしやすいため、国際大会を開くのには最適な場所と言えます。国内線もあるため、国内の移動でも活用しやすいのも特徴です。

会場の広さも東京ビッグサイトや幕張メッセ、インデックス大阪に次いで大きいため、イベントも大きな規模の大会ができます。採用ゲームは決まっていないものの、会場の大きさから様々なゲームイベントを並行して行う事も可能かもしれません。

2026年にはアジア競技大会が名古屋で

愛知でeスポーツ国際イベント
出典:tmc-creative.jp

2026年には、愛知・名古屋でのアジア競技大会の開催が決まっています。その際には「県国際展示場」が大いに活躍するでしょう。2022年の中国・杭州大会では、eスポーツが正式種目となると予想されているため、名古屋大会でも正式種目になっているかもしれません。

eスポーツは家庭用ゲーム機やPCがなくても、スマホだけでもプレイできます。しかしイベントとなると、華やかな舞台が不可欠です。「県国際展示場」の開業は、国内のeスポーツにも影響を及ぼしそうです。

スポンサーリンク

-イベント情報, ニュース
-

Copyright© ミュゲムス - eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト , 2019 All Rights Reserved.