eスポーツ国内No1の情報サイト

ミュゲムス - eスポーツ国内No1の情報サイト

ニュース

e-スポーツ間近のファイナルファンタジーXIV PvP新ルール「ヒドゥンゴージ」実装!

投稿日:

e-スポーツ間近のファイナルファンタジーXIV PvP新ルール「ヒドゥンゴージ」実装!

パッチ4.55実装コンテンツ「ヒドゥンゴージ」

2月12日にアップデートがされたファイナルファンタジーXIV(以下FF14)。
今回のパッチは4.55となり、新コンテンツがいくつも実装されました。

そのうちのひとつがPvP新ルール「ヒドゥンゴージ」です。

「ヒドゥンゴージ」はライバルウィングズに分類されるルールとなっており、
プロゲーマー同士のPvPコンテンツというよりはライト層のカジュアルな対人コンテンツとなっています。

ライバルウィングズとは参加者が「チーム・ファルコン」と「チーム・レイヴン」に分かれて対戦する大規模PvPコンテンツで、
各チームは3つの8人パーティによるアライアンス24人で構成され、24対24の最大48人が同時に参加できます。

「ヒドゥンゴージ」ルール

e-スポーツ間近のファイナルファンタジーXIV PvP新ルール「ヒドゥンゴージ」実装!
出典:SQUARE ENIX

「ヒドゥンゴージ」はライバルウィングズのルールとしてすでにある「アストラガロス(機工戦)」に新たな要素を足したコンテンツです。
アストラガロス(機工戦)のルールに、懐柔できる中立モンスターや大量の支援物資を獲得できる青燐機関車などの要素が追加されています。

勝利条件は制限時間内に相手のチームの「コア」を破壊することです。
もし制限時間内にコアの破壊ができなかった場合は、コアのHPやフィールド各所にあるタワーの破壊数などで決着を判定します。

「ヒドゥンゴージ」には特殊ルールとして、プレイヤー自身が搭乗し戦闘に参加できる強力な力を持った兵器「機工兵器」の使用ができます。
機工兵器には3つのタイプがあり、対プレイヤーキャラクターに特化したもの、コア破壊に特化したものなどの種類があります。
搭乗するためにはフィールドから「青燐水」を組み上げる必要があります。

「アストラガロス」では機工兵器は破壊されたらそれまでですが、
「ヒドゥンゴージ」ではたとえ破壊されたとしても何度も再搭乗することができます。

「アストラガロス」との大きな違いはフィールドギミックと傭兵「ゴブリン・マーシナリー」の存在です。

フィールドには線路があり、一定時間ごとに機関車が通過します。
走行中の機関車に接触すると大ダメージを受けます。
機関車はフィールド中央の駅に停車し、さまざまな恩恵をもたらします。
この恩恵を独占するためには、駅を制圧し、自陣の勢力内に置くことが必要です。

e-スポーツ間近のファイナルファンタジーXIV PvP新ルール「ヒドゥンゴージ」実装!
出典:SQUARE ENIX

「ゴブリン・マーシナリー」は試合開始から一定時間後に出現する中立モンスターです。
近くにいるプレイヤーに対してさまざまな攻撃をしかけてきますが、うまく「傭兵契約」することができれば、チームの戦力として力を貸してくれます。
チームに属したゴブリン・マーシナリーには、ステータス「契約期間」が付与されています。
このステータスのカウントが「0」になると契約満了となり、何処かへと去っていってしまいます。
去っていったゴブリン・マーシナリーは、一定時間後に、ふたたび「中立キャラクター」として出現します。

FF14のe-スポーツ化に向けて!

e-スポーツ化するにはまだまだ課題の残るFF14ですが、
パッチアップデートごとに徐々にルールが整えられており、少しずつe-スポーツ化の実現に向けて進んでいます。

PvPを楽しむだけなら、製品を買って月額料金を支払わずとも、体験版で無料で遊ぶことができますので
この機会にやってみるのはどうでしょうか?

スポンサーリンク

-ニュース
-

Copyright© ミュゲムス - eスポーツ国内No1の情報サイト , 2019 All Rights Reserved.