人気のバトルロイヤル

『Fortnite』は、様々なプラットフォームで展開している人気のゲームです。基本無料で遊べるという事もあり、多くのプレイヤーがプレイしています。AbemaTVやネット配信でも番組や動画があり、バトルロイヤル系のシューティングゲームとして知られています。

そんな『Fortnite』から『Fortnite World Cup』と題したトーナメントの開催が発表されました。

パソコン、PlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switchのトーナメントとなっており、4月13日~6月16日までの10週にわたってオンラインでの予選が行われます。

最終的に予選を勝ち抜いたソロプレイヤー100人とデュオチーム50組の総勢200人が7月26日~28日にニューヨークで開催される決勝戦に進出します。 『Fortnite World Cup』は賞金の規模が大きいのも特徴です。オンライン予選では総額100万ドル(約1億1000万円)の賞金が毎週用意されており、決勝戦に進んだプレイヤーには5万ドル(約550万円)を支給されます。優勝者や優勝チームには300万ドル(約3億3000万円)の賞金が与えられます。賞金総額は1億ドル(110億円)と非常に高額になっているのが魅力です。

『Fortnite』の大型eスポーツトーナメント『Fortnite World Cup』
出典:Game*Spark

もしソロでチャンピオンになれば、300万ドルを1人で手に入れることができます。

決勝戦では別のモードやフォーマットにおいて、特別なチャレンジを用意した追加のイベントの企画も予定されています。

新たなプロプレイヤーの誕生か?

参加資格として国籍は問われていません。過去にEpic Gamesのアカウントの公式規範を破っていない13歳以上のプレイヤーなら誰でも挑戦できますが、13歳から17歳までは保護者の同意が必要になります。

現時点でははっきりとしたエントリーの方法などは発表されていないが『Fortnite』をプレイしているプレイヤーにとっては、非常に注目を集める発表となりました。

家庭用ゲーム機でも気軽にプレイできることもあり、今後もますます対戦が熱いものになるかもしれません。競技シーンにおいても新たなスタープレイヤーの誕生や、多くのプロプレイヤーが現れるかもしれません。