eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト

ミュゲムス - eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト

ニュース

モバイル版を採用した『eJリーグ ウイニングイレブン 2019 シーズン』

投稿日:

モバイル版を採用した『eJリーグ ウイニングイレブン 2019 シーズン』

サッカーゲームのeスポーツリーグ

実際に体を動かすスポーツとは真逆の存在と言われていたeスポーツですが、徐々に捉え方も変わっています。日本野球機構のeスポーツ参入に代表されるように、スポーツ界との関わりも増えてきました。

そんな中、3月1日にJリーグとコナミデジタルエンタテインメントはモバイルゲームの「ウイニングイレブン 2019」を競技タイトルに使用したeスポーツリーグ『eJリーグ ウイニングイレブン 2019 シーズン』を、共同開催すると発表しました。

『eJリーグ ウイニングイレブン 2019 シーズン』は「幅広く参加できる大会」をコンセプトとしており、J1とJ2の全40クラブそれぞれに3名の選手を登録して行うクラブ対抗戦です。各クラブのメンバーは15歳以下(U15)、18歳以下(U18)、全年齢(フル)の年齢別3選手で構成されます。3月から開始されるオンライン予選の通過者が、6月のクラブ代表選考会へ進出し、登録クラブが決定し、7月の大会で優勝クラブを決めます。

賞金は総額1500万円を用意していますが、選手個人ではなく、成績に応じて各クラブに支払われる形となります。

世代、性別、国籍を超えるeスポーツ

Jリーグ チェアマンの村井満氏はeスポーツについて「世代、性別、国籍を超えて親しまれているもの。こうしたeスポーツを通じて、サッカーの魅力を1人でも多くの方に伝えることができれば。そして、サッカーの楽しみ方を伝えていくひとつの有効な手段だと思っている」とコメントしています。

現在はスマホの普及により、モバイル版のゲームをプレイしやすい環境が整っています。その中で、モバイル版のウイニングイレブンを使ったeスポーツは、まさに世代を超えた対戦ができるゲームとなっています。

モバイル版を採用した『eJリーグ ウイニングイレブン 2019 シーズン』
出典:Useful Net

今回のeJリーグの発表は、実際のクラブのサポーターにとっても、サッカーゲームをプレイする人にとっても注目されそうです。参加できる年齢も幅広いため、興味のある人も挑戦しやすくなっています。

Jリーグの盛り上がり同様、eJリーグも活動と共に盛り上がっていくかもしれません。

スポンサーリンク

-ニュース
-, , ,

Copyright© ミュゲムス - eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト , 2019 All Rights Reserved.