『ロケットリーグ』の優勝校は?

3月23~24日に幕張メッセで『第1回 全国高校eスポーツ選手権』が開催されました。高校生を対象としたeスポーツ大会で、『ロケットリーグ』と『リーグ・オブ・レジェンド』の2タイトルが採用されました。

『ロケットリーグ部門』は全60チームが出場しました。その中から4チームが決勝となるオフライン対戦へと進出し、23日に試合を行いました。

決勝戦は「県立鹿島高校(佐賀県)『OLPiXと愉快な仲間たち』」VS「県立鶴崎工業高校(大分県)『雷切』」という組み合わせとなりました。

決勝は3本先取で試合が決まります。鹿島高が6-2で第1戦制すと、第2戦も2-0と連勝します。第3戦、鶴崎工高が一時は追いつくも、鹿島高が点差を離し、4-2で3連勝して、『ロケットリーグ部門』の初代チャンピオンは『OLPiXと愉快な仲間たち』になりました。

『リーグ・オブ・レジェンド部門』の優勝校は?

『リーグ・オブ・レジェンド』の予選参加校は『ロケットリーグ』よりも多い93校が参加しました。その中から勝ち上がってきた4チームが決勝へと駒を進めました。

『第1回 全国高校eスポーツ選手権』両部門の勝者が決定
出典:毎日新聞

決勝の組み合わせは「岡山県共生高校(岡山県)『eスポーツ部』」VS「東京学芸大学附属国際中等教育学校(東京都)『ISS GAMING』」となりました。

2本先取となる『リーグ・オブ・レジェンド』の決勝、最初の1試合を『ISS GAMING』は落としてしまいます。しかし、「敗因はミス」と、動揺はありませんでした。そして、2試合連取し、「東京学芸大学附属国際中等教育学校(東京都)『ISS GAMING』」は世界的にも人気の『リーグ・オブ・レジェンド』で高校生チームの頂点に輝きました。

非常に盛り上がった『第1回 全国高校eスポーツ選手権』ですが、第2回も予定されており、エントリーは4月22日から開始します。 今回の優勝校は連覇を狙い、今回敗れたチームはその座を狙います。2019年から2020年にかけて、さらに熱い試合が繰り広げられそうです。