高校生を対象としたeスポーツ

先日開催された『第1回 全国高校eスポーツ選手権』も大好評のうちに幕を下ろしました。第2回の開催もアナウンスされており、今年もさらに盛り上がりが予想されますが、2019年にはもう1つの高校生を対象としたeスポーツ大会が開催されます。

『Coca-Cola STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2019』と題されるeスポーツ大会は、タイトルのもあるように、国内eスポーツ事業への参加は初となる「日本コカ・コーラ株式会社」をトップスポンサーとして迎えています。

採用タイトルは、以下の3タイトルが選ばれています。

1試合3分と短いながらも高い戦略性が求められる「クラッシュ・ロワイヤル」

2019年には世界大会も行われる「フォートナイト」

大規模な世界大会が行われる人気のタイトル「リーグ・オブ・レジェンド」

いずれのタイトルも人気で、世界的にも盛んにプレイされているゲームとなっています。

「クラッシュ・ロワイヤル」と「リーグ・オブ・レジェンド」のエントリーはすでに始まっており、「フォートナイト」のエントリーは4月下旬頃を予定しまします。

eスポーツからBRAINスポーツへ

この大会では、eスポーツを「BRAINスポーツ」という名前で定義しています。これには、記憶力・集中力・認識力・計算力といった様々な脳を使う力を駆使して戦う、という意味合いがあります。

また、「STAGE:0(ステージゼロ)」というイベントタイトルには、「この舞台からすべてが始まる」という意味が含まれており、次世代のeスポーツプレイヤー発掘に期待がかかります。

高校対抗の大会『Coca-Cola STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2019』
出典:ASCII.jp

5月から8月にかけて開催される『STAGE:0』は、テレビ東京の開局55周年記念として開催されます。テレビ東京はeスポーツを取り上げた番組を放送しており、大会アンバサダーに「有吉ぃぃeeeee!」に出演しているアンガールズの田中卓志さん、大会スペシャルサポーターに「勇者ああああ」のMCを務めるアルコ&ピースの2人が就任し、大会を盛り上げます。

今年の夏も、高校生たちのeスポーツは続きます。