eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト

ミュゲムス - eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト

ニュース

FCバルセロナがeスポーツ『ロケットリーグ』に参戦

投稿日:2019年4月17日 更新日:

FCバルセロナがeスポーツ『ロケットリーグ』に参戦

スペインの名門クラブF

FCバルセロナは、1899年に創設されたスペインの名門サッカークラブです。多数の有名選手が在籍しており、リオネル・メッシやルイス・スアレスなどを有しています。

そんな FCバルセロナは、『ウイニングイレブン』を競技タイトルに使用した大会「eFootball.Pro League」でeスポーツにも参入しており、現在eスポーツチームを持っています。 そして、2つ目のeスポーツチームの誕生が発表されました。『ロケットリーグ』の公式eスポーツ大会「Rocket League Championship Series」に参加するとともに、チームが創設されます。

FCバルセロナは、元々『ロケットリーグ』専門のプロチーム「savage!」を吸収する形になります。

「savage!」は様々な大会で優勝を経験しているチームで、2018年の「Rocket League Championship Series」では、ヨーロッパ地区大会で優勝も収めています。「savage!」の名前は吸収されることでなくなりますが、新たに「FCバルセロナ」として新たなスタートを切ります。

日本でも採用される『ロケットリーグ』

「第1回全国高校eスポーツ選手権」にいても『ロケットリーグ』は採用タイトルに選ばれ、全国の高校生eスポーツチームが熱戦を繰り広げました。ジャンプやロケットダッシュなどができる車「ロケットカー」を操ってサッカーをするこのゲームは、多くのハードに移植されており、比較的始めやすいeスポーツタイトルです。

FCバルセロナがeスポーツ『ロケットリーグ』に参戦
出典:プレイステーション

「第2回全国高校eスポーツ選手権」でも、『ロケットリーグ』は採用されており、大会参加を考えている選手にとっても、注目される発表となりました。プレイの内容や戦術は、今年の大会にも影響を与えるかもしれません。

他のサッカークラブもeスポーツチームもあります。フランスの「パリ・サンジェルマンFC」やスイスの「セヴェットFC」もそれぞれにチームを抱えています。

今年の「Rocket League Championship Series」では、名門サッカークラブ同士の対戦が見られるかもしれません。

また、今後も複数タイトルでeスポーツチームが誕生すれば、さらに熱い戦いが展開されます。

スポンサーリンク

-ニュース
-, ,

Copyright© ミュゲムス - eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト , 2019 All Rights Reserved.