eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト

ミュゲムス - eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト

ニュース

『Gen.G』にウィル・スミスや本田圭佑が4600万ドルの出資

投稿日:2019年4月24日 更新日:

『Gen.G』にウィル・スミスや本田圭佑が4600万ドルの出資

ドリーマーズ・ファンドの大型出資

現在、eスポーツには企業だけでなく、様々な投資家が出資しています。マイケル・ジョーダンやマジック・ジョンソンなどの著名人も多く、大きな産業となっています。 今回、新たな著名人がeスポーツへの出資を発表しました。アメリカの俳優ウィル・スミスや、サッカーの本田圭佑選手などが始めたファンド「ドリーマーズ・ファンド」がeスポーツ団体『Gen.G(ジェンジー)』へ4600万ドル(約51億5000万円)の出資を決めました。

『Gen.G』は7つゲームでチームを運営しており、中国と韓国、米国に拠点を置いている団体です。『Heroes of the Storm』と『PUBG』の世界大会で優勝しており、『フォートナイト』の女性チームを立ち上げています。また韓国・ソウルで訓練施設をオープンしています。『Gen.G』のフランチャイズはオーバーウォッチリーグ所属のソウル・ダイナスティーなどがあり、中国での事業も拡大しています。

ロサンゼルスを本拠とする『Gen.G』のクリス・パーク最高経営責任者(CEO)は「テクノロジーとメディア、スポーツ、そして今、セレブが力を合わせる世界を目にするのはエキサイティングだ」とコメントしています。

『Gen.G』の今後の活躍

今回の発表で、本田選手は以下のようにコメントしています。

「eスポーツは日本ではまだ大きな存在ではありませんが、日本においても世界においても大きな成長を遂げており、非常にポジティブなサインを示していると思います。この分野でリーダーになれる素晴らしいチームと壮大なビジョンを持つGen.Gだからこそ、私たちは出資を決定しました。Gen.Gと協力し、eスポーツ産業のグローバルな発展に貢献できることをとても楽しみにしています」

FPSを中心に複数のeスポーツチームを抱えている『Gen.G』の名前は、eスポーツを観戦する上でたびたび目にしている名前かもしれません。 今回の出資によって、『Gen.G』はeスポーツシーンにおいてさらなる活躍が期待されます。

スポンサーリンク

-ニュース
-, , ,

Copyright© ミュゲムス - eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト , 2019 All Rights Reserved.