決勝戦は8月のgamescom

スマートフォンの性能が上がっていくにつれて、様々な大容量のゲームが遊べるようになり、RPGなどだけではなく、アクションやシューティング、レースゲームなどでネット対戦までできるため、スマホでeスポーツということも可能となりました。

数多くの受賞歴のあるモバイルレースゲームの『アスファルト9:Legends』をリリースし、フランスはパリに本社を置く「ゲームロフト」がeスポーツイベント『Asphalt eSports Series』の開催を発表しました。

eスポーツの大手運営会社であるESLとの協力し、第一回大会の公式ゲーミングデバイスにゲーミングスマホのBlack Sharkが使用されます。決勝戦は8月にドイツで行われる欧州最大規模のゲーム見本市「gamescom」にて行われます。第一回大会のフィナーレに相応しい舞台となっています。

4ヶ月間、決勝進出をかけて各国で予選が行われます。決勝の賞金総額は2万ユーロとなっており、どんなプレイヤーが優勝の栄冠と賞金を手にするのかに注目が集まります。

 

モバイルゲームの進化

モバイルゲームは急速に進化を遂げています。

大会で使用されるBlack Shark2はまさに最先端のゲーミングスマホで、最先端の液体冷却システムを搭載し、機械の大敵である熱処理の問題を克服しています。

タッチスクリーンのタッチ感度も世界最速クラスを誇り、デジタルシグナルプロセッサの使用などにより、高性能が求められるゲームでもグラフィックと操作性を両立させています。

『アスファルト9:Legends』のようなレースゲームにおいては、操作性はもちろん、グラフィック面でも性能の高さが求められます。

『アスファルト9:Legends』のeスポーツ大会『Asphalt eSports Series』

出典:Engadget

なにより、『アスファルト9:Legends』は基本プレイ無料のため、始めやすいのもポイントです。スペックさえ合えば、今すぐにでもダウンロードできます。

現在、ネット対戦を快適に行うにはWi-Fi環境が必須となっていますが、5Gの登場によっていつでもどこでも世界中の人と対戦できるようになるかもしれません。