活躍できる期間が短い?

現在ではeスポーツは多くの人に知られ、大型の大会も行われ、ネットでの視聴も人気です。

eスポーツの選手も次々に誕生しており、その多くが20代のプレイヤーがほとんどです。 一般的に、eスポーツ選手のキャリアは早いと言われています。ほんのわずかな反応の遅れが勝敗を決するeスポーツにとって、反応速度の遅れは致命的です。23歳の境にして反応の鈍りが現れると言われ、選手生命もそこで終わるというケースがあります。

引退の時期はゲームによっても異なり、「Dota 2」では30歳とも言われています。

また、対戦格闘ゲームでは経験が重要になることが多く、日本のトッププレイヤーに20代後半から30代前半の選手が活躍しています。

年齢による選手生命の終わりの時期に関しては、現在はっきりとした科学的根拠はありませんが、日々の過酷なトレーニングのため、目にも負担がかかり、手首などを故障してしまって引退するケースもあります。

引退後のキャリアは?

たとえ第一線から引退したとしても、それが選手の終わりではありません。

選手を引退した後、チームの運営やコーチングなどで活動を続けるプレイヤーもいます。

たとえ第一線から引退したとしても、それが選手の終わりではありません。 選手を引退した後、チームの運営やコーチングなどで活動を続けるプレイヤーもいます。
出典:EDEN

eスポーツが広まるにしたがって、選手の引退後の活動にも注目が集まります。eスポーツ業界が大きくなっていくにしたがって、ビジネスチャンスも多くあります。チームの運営や実況、イベント運営などがあります。

eスポーツに世界では、明確な引退の時期ははっきりしません。選手によっては長く活躍できますし、短い期間だけしか活躍できない選手もいます。「引退後、どうするのか」は、これからの課題となりそうです。

現役で活躍する選手にも注目したいところですが、彼らのその後についても考える必要があるかもしれません。また、若い選手の「燃え尽き症候群」が引退の原因とする場合もあるため、選手のメンタル面をサポートする体制もこれから必要になってくるかもしれません。