1年間の出場停止

香港では、「逃亡犯条例の改訂案」に端を発して、大規模なデモが連日行われています。

覆面禁止による反発を招いたことで、さらにデモ活動は広がりを見せています。

アメリカのアクティビジョン・ブリザードは、8日にeスポーツの大会で香港の反政府デモを支持する発言をした選手を1年間の出場停止処分にしたと発表しました。

出場停止処分を受けたのは、カードゲーム『ハースストーン』のトーナメントに出場していた香港出身のエン・ワイ・チャン選手です。

出場停止処分の理由を「言動が規定に違反したため」としています。

「Blitzchung」の通称で知られるエン・ワイ・チャン選手は、台湾での試合後のインタビューに防毒マスクを着けて登場し、反政府デモを称賛する発言をしたといいます。

アクティビジョン・ブリザードは、大会ルールの中でプレーヤーが自らを悪評にさらしたり、だれかを怒らせたりする行為を禁じており、主催者の裁量で出場停止や賞金没収などを決められるとしています。

今回の出場停止処分も、このことに関連した内容で、「同様の事態が将来発生するのを防ぐために必要な措置を講じていく」としています。

インフルエンサーとしての選手

eスポーツはゲームやイベントに注目が集まりますが、出場選手にも注目が集まっています。

eスポーツ選手の中にはインフルエンサーとして高い影響力を持つ選手もいます。

選手の発言や行動は、場合によっては大きな影響を与えるということにもなりかねないとして、今回の出場停止処分が決まりました。

また、今回の処分は世界最大のマーケットである中国にも配慮したものだとされ、アクティビジョン・ブリザードは中国ネット大手の騰訊控股(テンセント)と提携関係にあるとも言われています。

さらに、エン・ワイ・チャン選手の発言に拍手を送ったキャスター2人も降板させられました。

香港デモは、今後もeスポーツ業界にも大きな影響を与えそうです。