SNKのeスポーツ大会

対戦格闘ゲームのブームの際、多くの格闘ゲームをリリースした会社がSNKです。『サムライスピリッツ』を始めとしたSNKの対戦格闘ゲームは人気で、KOFシリーズは毎年新作をリリースしていました。

一時、シリーズはリリースされない時期もありましたが、2016年に新作となる『KOF XIV』がリリースされ、

2019年には『SAMURAI SPIRITS』も発売され、eスポーツ大会にも採用されています。

SNKは、eスポーツ大会「SWC JAPAN TOUR」の開催を発表しました。これは2020年3月28日、29日に東京で開催される世界大会「SNK WORLD CHAMPIONSHIP」の日本予選にあたるものです。

採用タイトルは『SAMURAI SPIRITS』と『KOF XIV』で、10月12~13日に行われる「KOFes 2019」を皮切りに日本各地で予選大会がおこなわれます。2020年2月には、各タイトルの代表選手8名による決勝大会が開催されます。

現在は、東京、大阪、京都での大会が告知されていますが、今後大会は追加されていきます。

「SWC」の賞金は1000万円以上

世界大会となる「SNK WORLD CHAMPIONSHIP」は、世界各地で予選がおこなわれ、各大会の優勝者と招待選手による試合によって、各タイトルの世界一が決定します。

「SNK WORLD CHAMPIONSHIP」の賞金総額は1000万円以上を予定しています。

『SAMURAI SPIRITS』と『KOF XIV』のeスポーツ大会「SWC JAPAN TOUR」
出典:RBB TODAY

『SAMURAI SPIRITS』は、8月におこなわれたEVO2019においてもメイントーナメントに採用されていました、発売からわずかしか経っていませんでしたが、多くの選手がエントリーし、熱い戦いが繰り広げられました。

また、12月にはニンテンドースイッチ版も発売され、EVOJapan2020年の採用タイトルにもなっており、これからさらに盛り上がるタイトルです。

『KOF XIV』はEVOJapan2019の採用タイトルにもなっており、各国からのエントリーした選手による対戦がおこなわれていました。歴史の長いタイトルだけあって、海外勢が結果を残しています。

今大会は、海外勢の活躍はもちろん、日本のプレイヤーの活躍にも期待が高まります。

SNK発の対戦格闘ゲームの大会に、再び注目が集まっています。