名古屋パルコに開設

現在、多くの対戦型ゲームでネット対戦ができるようになっています。

ネット対戦で重要ことの1つに「通信速度」があります。通信速度が遅いと、ラグなどに見舞われ、満足に対戦できないこともあります。特にeスポーツのように入力速度がシビアなゲームにおいて、ラグは致命的とも言えます。

【11/15 OPEN!!】コミュファ eSports Stadium NAGOYA
出典:【11/15 OPEN!!】コミュファ eSports Stadium NAGOYA

中部テレコミュニケーション株式会社は、名古屋パルコ7Fにおいて「コミュファeSports Stadium NAGOYA」を11月15日に開設されます。

東海地区では顧客満足度NO。1の「コミファ光」と、名古屋のトレンド発信地である名古屋パルコが組んだ「コミュファeSports Stadium NAGOYA」は、コミュファ光10Gサービスを利用した高品質で低遅延な通信環境を可能にしました。

また、高機能なゲーミングPCと配信機器、200インチを超えるLEDビジョンを完備し、最大100名まで観戦可能な施設となっており、中部地域では初となる本格的な常設eスポーツスタジアムとなっています。

鉄拳7の大会も開催

「コミュファeSports Stadium NAGOYA」でのeスポーツ大会の第一弾として、バンダイナムコエンターテインメントの対戦格闘ゲーム『鉄拳7』のトーナメント大会「Nagoya PARCO 30th Anniversary PARCO x BUTTONMASHERS 東海決戦」を11月16日に開催する予定しています。

この大会の上位入賞者は、12月7~8日にタイのバンコクで開催予定の「TEKKEN World Tour 2019 Finals」に進出するために必要なポイントを獲得することができます。

また、この施設は、「コミュファ光体験スペース」として、子供が楽しみながら受講できるプログラミング教室やeスポーツを活用した知育セミナーといった用途にも利用されます。

さらに、保護者向けには子供のネット依存や間違ったSNSの使い方、ネットモラルなどを学べるネット安全安心講座なども予定されており、シニア向けにはeスポーツを用いたコミュニケーションイベントなどにも活用されていきます。

名古屋のeスポーツ発信地として、今後の展開や活躍に注目が集まりそうです。