マルチプラットフォーム化「PUBG」

PUBG株式会社が「PUBG」のPS4向けダウンロード版を2018年12月7日より発売開始すると発表しました。

これまではPC版だけしかなかった「PUBG」ですが、このたびX-box、PS4版の発売が決定しました。
マルチプラットフォームになりましたが、技術的な問題から対戦サーバーはPC版、X-box版、PS4版と切り分けられる可能性が高そうです。

2019年1月にはパッケージ版もリリース

 

【PS4版】「PUBG」やった!勝った!12月7日より国内発売決定!

今回の発表に合わせ、既にPS Storeにてダウンロード版の事前予約が開始されています。
またダウンロード版だけでなく、2019年1月17日よりパッケージ版がリリースされることも明らかにされています。

プレミアムパスや限定スキンが付属する予約受付期間限定の特別版の存在も発表されています。

今回、予約受付を開始するダウンロード版は「チャレンジャーズ・エディション」「サバイバーズ・エディション」「チャンピオンズ・エディション」の3種類となっています。
いずれも予約受付期間限定の商品となり、限定の付属アイテムが付与されています。

「チャレンジャーズ・エディション」は3,300円(税込)、「サバイバーズ・エディション」は5,500円(税込)、「チャンピオンズ・エディション」は6,600円(税込)で予約可能。
パッケージ版は3,056円(税抜)で発売される予定です。

なお、「PUBG」はオンラインマルチプレイ専用タイトルであるため、ゲームプレイにはインターネットに接続できる環境とPlayStation Plusへの加入が必要になります。
PlayStation Plusへの加入は有料となっていますので、ご注意ください。

 

発売元:PUBG CORPORATION
プレイ人数:1~100人