全17チームが参戦

eスポーツが注目される大型のeスポーツイベントが開催されるようになってきました。国内で大きなeスポーツイベントの1つに「RAGE」があります。

8月に行われるRAGE史上最大規模の国際大会「RAGE ASIA 2020」のプレイベントとして、7月24日に「RAGE × Legion Doujou Cup」を開催されました。

人気のバトルロイヤルゲームの『Apex Legends』を採用し、芸能人やストリーマーたちで構成された17チームが参加しました。

各チームとも、事前の練習風景を動画サイトにアップしており、7月24日の本番まで練習を重ねていました。

また、今回は観客を会場に入れず、完全オンライン形式で行われており、練習風景だけでなく、試合も配信プラットフォームから見ることができました。

『Apex Legends』はトリオで戦うバトルロイヤルゲームで、今世界中で人気のあるゲームの1つです。基本プレイ無料でありながら、グラフィックの質の高さやスピード感のあるゲームスピード、レジェンドと呼ばれる能力の異なるキャラクターの組み合わせによって変わる戦略など、数多くのプレイヤーを魅了しています。

「RAGE × Legion Doujou Cup」でも3人1組のチームを結成し、全3戦を戦い抜き、3試合の順位ポイントとキル数ポイントで順位を決定し、総合得点がもっとも高いチームが優勝となります。

優勝は「チームVTuber」

2試合を終了した時点で、1位が「チーム実況者」の37ptで、「チームVTuber」は22ptで4位につけており、ポイント差は15ptでした。

RAGE × Legion Doujou Cup

しかし「チームVTuber」は第3試合を制しました。

集計の結果チームのキル数が全体の約25%となる19キルを達成し、順位ポイントと合わせて31ptを獲得、逆転優勝を果たしました。

8月に開催される「RAGE ASIA 2020」では、『Apex Legends』と『荒野行動』が採用されており、アジア最高峰の戦いが繰り広げられます。

アジア圏の有名チームやトップ選手をはじめとした、実力のある選手が招待し、今回の大会以上に熱い戦いが展開されそうです。