eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト

ミュゲムス - eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト

ニュース

レッドブルのeスポーツ大会『Red Bull M.E.O. by ESL』

投稿日:2018年12月19日 更新日:

レッドブルのeスポーツ大会『Red Bull M.E.O. by ESL』

クラッシュ・ロワイヤルのeスポーツ大会

レッドブルには「レッドブル・アスリート」というレッドブル社から支援を受けて活動するスポーツ選手がいます。

アイススケートの紀平梨花選手などが知られていますが、レッドブルアスリートにはeスポーツの選手もいて、日本人ではストリートファイターシリーズで活躍している「梅原大吾選手」と「ボンちゃん選手」と「ガチくん選手」、鉄拳シリーズで活躍している「たぬかな選手」が支援を受けています。

12月16日、東京都中野にて『Red Bull M.E.O. by ESL』というトーナメントが始動しました。

『M.E.O. 』はMobile Esports Openの略で、その名の通りモバイルゲームを対象としたイベントです。

ファーストシーズンに選ばれたのは『クラッシュ・ロワイヤル』です。

優勝者は2019年2月2~3日にドイツで開催のグランドファイナルに進出できます。

当日は日本全国から60名の選手が参加しました。

デッキ選択も自由で試合間に変更する事もでき、全てのカードが使用できます。

相手のデッキに応じた対応力と、相手の出方を先読みして戦略を組み立てる力が必要となります。普段見られないデッキも現れ、会場は盛り上がりました。

優勝者は18歳の大学生

様々なデッキが入り乱れ、多くのファンが注目する中、60名のプレイヤーによるトーナメントを制したのは、熊本から来た18歳の大学生の「kota選手」でした。

レッドブルのeスポーツ大会『Red Bull M.E.O. by ESL』

出典:4Gamer

この大会はESL直轄の日本予選です。

ESLとは、ドイツのケルンに拠点を置くeスポーツチームで、世界でもっとも古いeスポーツリーグの1つです。

ESLはIntelと3年で1億ドル(約113億円)という巨額のスポンサー契約を結んだ事も発表されています。

Intelはそれまでも18年間メインスポンサーを務めているなど、両者はeスポーツの発展に貢献してきました。

2019年ドイツで開催される大会は、36ヵ国から代表が集まる世界大会となっています。

Kota選手の活躍も気になりますが、その中から新たなレッドブル・アスリートが誕生するかもしれません。

スポンサーリンク

-ニュース
-,

Copyright© ミュゲムス - eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト , 2019 All Rights Reserved.