0秒の逆転劇

今年で2回目の大会となる「第2回全国高校eスポーツ選手権」は、『ロケットリーグ』と『リーグ・オブ・レジェンド』が採用された高校生限定のeスポーツ大会です。

ロケットリーグの決勝は、大分・鶴崎工業高校の「雷切」と、鹿児島・鹿島高校の「OLPiXと愉快な仲間たち」です。

「OLPiXと愉快な仲間たち」は前年のロケットリーグ部門の優勝チームであり、「雷切」は準優勝したチームで、両チームとも順当に決勝まで勝ち上がってきました。2連覇を達成するのか、去年のリベンジを果たすのか、注目が集まりました。

試合は1ゲーム5分、3本先取で勝利となるルールの中、2-2とフルセットまでもつれこみました。

最後の試合、互いに3点ずつの同点のまま、試合時間がなくなりました。『ロケットリーグ』では、試合時間は終わった後ボールが地面に落ちたときに試合が終わります。

こぼれ球を「雷切」のエース「AroDra選手」が相手ゴールへと押し込み、見事優勝を果たしました。

N高「KDG N1」が初優勝

『リーグ・オブ・レジェンド』部門の決勝戦では、沖縄・N高等学校「KDG N1」とクラーク記念国際高等学校 秋葉原ITキャンパス「Yuki飯食べ隊」が激突しました。

どちらのチームにも、元プロプレイヤーがコーチについており、試合運びはプロ顔負けでした。両チームとも素晴らしいパフォーマンスを見せてきましたが、決勝でもどちらが勝ってもおかしくない接戦となりました。

そんな中、N高「KDG N1」が接戦を制し、初優勝を決めました。

「第2回全国高校eスポーツ選手権」2部門の優勝校が決定!
出典:GAME Watch

そして、表彰式の後のサプライズとして「第3回全国高校eスポーツ選手権」の開催が発表されました。

開催時期については、年末は受験生には厳しいという声もあることから調整を行なう見込みですが、東京オリンピックがあり、調整に時間がかかりそうです。

また、競技種目については「リーグ・オブ・レジェンド」と「ロケットリーグ」の2種目については継続が確定しており、競技種目の追加ができるかどうか検討していくとしています。