2020年秋に開催

2019年10月に開催された「いきいき茨城ゆめ国体」の文化プログラムにおいて、eスポーツが採用され、非常に注目を集めました。

全国各地で予選大会が行われ、大いに盛り上がりました。

2020年秋に開催される第75回国民体育大会「燃ゆる感動かごしま国体(第75回国民体育大会)」と「燃ゆる感動かごしま大会(第20回全国障害者スポーツ大会)」においても、文化プログラムとして「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2020 KAGOSHIMA」の開催が決定しました。

現在、『ウイニングイレブン』シリーズ、『実況パワフルプロ野球』シリーズ、『ぷよぷよeスポーツ』が決定しています。

『ウイニングイレブン』と『ぷよぷよeスポーツ』は、前回の「いきいき茨城ゆめ国体」においても採用されていました。その他、多くのeスポーツイベントにおいても採用されることの多いタイトルです。

『実況パワフルプロ野球』では少年向けの野球教室を合わせて実施し、スポーツタイトルならではのリアルスポーツとの連動にも取り組むことが発表されています。

大会の概要などは2020年2月に発表が予定されており、場合によっては採用タイトルの追加発表もあるかもしれません。

2020年もeスポーツ

「燃ゆる感動かごしま国体」でのeスポーツが採用されたことにより、2020年もeスポーツへの注目度はますます高まりそうです。

各地で行われる予選大会も、前回大会で話題となっていましたが、今回の大会でも多くのメディアに注目されそうです。

「燃ゆる感動かごしま国体」の文化プログラムにeスポーツ
出典:PR Times

また、各タイトルに多くのプレイヤーが参加し、さまざまなドラマが生まれましたが、今年も同様に盛り上がりそうです。去年の大会に挑戦した人も、これから挑戦しようとしている人にとっても朗報と言えます。

追加タイトルの発表があるのか、どんなレギュレーションが採用されるのかなど、まだまだ決定していない部分もありますが、今年注目のeスポーツイベントとなりそうです。