「ポケモンGO ゲット&バトルトーナメント」

eスポーツは様々なジャンルで取り上げられていますが、対戦格闘ゲームやスポーツゲームが多いものの、新たにeスポーツに参入するゲームのジャンルも多くなっています。

2020年1月11~12日に開催の「東京eスポーツフェスタ」の追加情報が発表されました。「太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!」「パズル&ドラゴンズ」「モンスターストライク」の3タイトルがすでに公表されていましたが、新たに「ポケモンGO」のeスポーツ競技「ポケモンGO ゲット&バトルトーナメント」の実施が発表されました。

「ポケモンGO ゲット&バトルトーナメント」への参加には事前申し込みが必要で、当選者のみイベントに参加できます。

イベントでは、事前申し込みに当選した参加者がまず「ゲット大会」に参加し、大会限定のフィールドリサーチ(タスク)に挑戦します。ポケモンの獲得に特化したものとなっており、クリアタイムが最も早い上位16人に「バトル大会」のトーナメントへの出場権が付与されます。

「バトル大会」では、「ポケモンGO」のトレーナーバトル(ポケモンを3匹ずつ出してバトルする、1対1の対戦機能)を使用して優勝を争いますが、「バトル大会」に使用できるポケモンは、当日お台場で捕まえたポケモンに限られるため、捕まえることとバトルの両方が重要となります。

サイドイベントも開催

また、サイドイベントとして4人フライト式トーナメントも開催されます。その場に集まった「ポケモンGO」プレイヤーが4人ひと組でトレーナーバトルのトーナメントに参加するイベントで、これまでに捕まえたポケモンも使えるなど、誰でも参加できるイベントとなっています。

「東京eスポーツフェスタ」内で「ポケモンGO」のeスポーツ大会
出典:Quartz

「ポケモンGO」は、社会現象になるほど多くのプレイヤーが遊んでいるゲームです。その「ポケモンGO」での大会は、今後のeスポーツの展開にも影響を与えるかもしれません。