eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト

ミュゲムス - eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト

ニュース

新たなeスポーツリーグ「YEAH ASIA LEAGUE」開催

投稿日:

新たなeスポーツリーグ「YEAH ASIA LEAGUE」開催

アジアを舞台とした新リーグ

Yes! E-Sports Asia Holdings Limited(以下YEAH)は、12/20に都内においてeスポーツ事業説明会を開催しました。

YEAHは香港でショッピングサイトの運営を行う企業と、福島を拠点にパチンコホール運営などを手がける会社の合弁事業会社で2018年10月に設立されたばかりですが、事業説明会において、アジア全域をターゲットとした「YEAH ASIA LEAGUE」を2019年から開催していくと発表しました。

YEAHは「統合型のeスポーツエコシステム」かつ「eスポーツ全体をカバーするプラットフォーム」であると説明しています。

大会の開催、eスポーツ選手の発掘・育成、試合のストリーミング配信、eスポーツに関する啓蒙活動などを行っていくとしており、非常に範囲の広い活動をしていくようです。

まずはアジアにフォーカスして事業を展開、ゆくゆくはグローバル展開を目指していきます。

「YEAH ASIA LEAGUE 2019」は「プロゲーマーだけでなく、eスポーツを一般の人に理解してもらうことが重要。YEAH ASIA LEAGUEはアマチュアプレイヤーやファンなど、観客にeスポーツを知ってもらう良いきっかけとなる」と大会の理念を説明しています。

「YEAH ASIA LEAGUE 2019については、1月の初旬に詳細な情報を発表する予定しています。

急成長の市場にある潜在的な成長力

アンケートによると、eスポーツの認知度は約4割で、「興味がある」と答えた割合が1割弱程度でしたが、市場規模は前年比の13倍の48億3100万円と急成長を遂げています。

そのうちの大部分はスポンサーによるものが多く、「アイテム課金や賞金」「放映権」「チケット」などは割合としては多くありません。

地上波でeスポーツが取り上げられた事で認知度は高まったものの、まだまだ成長していく余地がありそうです。

新たなeスポーツリーグ「YEAH ASIA LEAGUE」開催
出典:Bauhutte

YEAHはすでにクアラルンプールやバンコクでイベントを行っており、今後はジャカルタやドバイでもイベントを行っていくようです。

日本国内に留まらない今回の新リーグの設立は、潜在的な市場の開拓はもちろん、プロゲーマーからアマチュアプレイヤーまで楽しめる内容になりそうです。

スポンサーリンク

-ニュース

Copyright© ミュゲムス - eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト , 2019 All Rights Reserved.