eスポーツ国内No1の情報サイト

ミュゲムス - eスポーツ国内No1の情報サイト

プロゲーマー メディア情報

女性プロゲーマー「私達はボクシングと将棋を同時プレイしているようなレベル」この言葉が波紋を呼んだ!?

投稿日:2018年8月2日 更新日:

チョコブランカがジャンクに出演

発端は7月29日放送のTV番組

7月29日放送のTV番組「ジャンクSPORTS 世界で戦うアスリートSP」にて、ゲストである女性プロゲーマーが言った言葉が視聴者に波紋を呼んでいます。

この番組は、プロのスポーツ選手をスタジオに招き、プロスポーツの世界について語ってもらうと言う内容でした。
サッカーの宇佐美選手、ボクシングの井上選手などがゲストとなっていました。
その中には、e-スポーツとして注目を浴びる女性プロゲーマーのチョコブランカ氏も参加していました。

「ゲームなのにプロ?」というスタジオの疑問に答えるように、チョコブランカ氏はスタジオでゲームを使って対戦をすることに。
しかもなんと、ハンデとして目隠しをしてのプレイをするというのです。

チョコブランカ目隠しプレイ

引用:https://www.youtube.com/watch?v=4Ed9GFs0khc

 

対戦相手となったのは、ボクシング世界チャンピオンの井上選手でした。
目隠しというハンデにもかかわらず、チョコブランカ氏はあっさり井上選手をKO。
続くサッカー日本代表の宇佐美選手にも勝利を見せつけました。

チョコブランカのジャンクでの発言が炎上?

引用:https://www.youtube.com/watch?v=4Ed9GFs0khc

 

驚くスタジオに、チョコブランカ氏は「私達はボクシングと将棋を同時プレイしているようなレベル」とプロゲームの世界を説いたのですが、そのセリフが波紋を呼びました。

 

「私達はボクシングと将棋を同時プレイしているようなレベル」

これを聞き、ボクシングの井上選手は不快そうに顔をしかめるというシーンが起きました。

チョコブランカ氏の発言で井上選手が顔をひかめる

引用:http://hamusoku.com/archives/9880984.html

 

これを見ていた視聴者も、チョコブランカ氏の言いぐさに多少なりとも不快感を感じてしまったようです。

「ボクシングも将棋もやったことないくせに」
「戦略と反射神経って意味では間違ってないだろうけど、他スポーツ持ち出すとそのスポーツ極めてきてる人からしたら不快でしかない」
「ゲーマーがこんな態度だからe-スポーツ後進国だなんて言われるんだ」

などなど、チョコブランカ氏の発言への批判が吹き出しました。
この顛末をまとめたサイトでもいわゆる「プチ炎上」が発生するほどです。
チョコブランカ氏の発言そのものへの批判や、e-スポーツというものに対する制度の不備の不満など、コメントが殺到してしまいました。

 

この件はe-スポーツの説明をする時にどういう例えをどう伝えるかを考えさせられました。

 

 

スポンサーリンク

-プロゲーマー, メディア情報
-,

Copyright© ミュゲムス - eスポーツ国内No1の情報サイト , 2019 All Rights Reserved.