eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト

ミュゲムス - eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト

プロゲーマー

アメリカの若手プレイヤー『Punk』

投稿日:2018年10月9日 更新日:

アメリカの若手プレイヤー『Punk』

彗星のごとく現れたプレイヤー

アメリカ最大の格闘ゲームの大会『EVO2017』において、Punk選手の強さは圧倒的でした。

当時まだ19歳の青年が、世界のトッププレイヤー相手に戦い、トーナメント11回の対戦をただの1セットも落とすことなく、グランドファイナルへと駒を進めました。

その強さに、EVO2014覇者のLuffy選手は「正直ここまで強いプレイヤーは今まで見た事がない、末恐ろしい」とツイートするほどでした。

決勝の相手はTOP16でルーザーズへと落としたときど選手でした。

多くの観客がPunk選手の優勝を疑いませんでしたが、ときど選手の「Punk対策」そして使用キャラである「かりん対策」の前に敗れ、表彰式では涙を見せました。

Punk選手は、いわゆる「人間性能」の高いプレイヤーです。

天才的な画面把握と間合いの管理、超人的な反応速度、大舞台でも委縮しないメンタルを備えていて、さらにはゲージ管理やコンボ選択、対空精度などは完璧に近く、その人間性能の高さから「AI」とも評されます。

ジャンプ後の着地2フレーム(1フレームが1/60秒)の猶予を突くといった操作も平然とこなします。

アメリカの若手プレイヤー『Punk』

出典:ゴジライン

タイトルによってはスティックを使う事もありますが、メインはパッドコントローラーを使っています。

彼曰く「パッドコントローラーが使いやすいんだ」との事で、ゲームセンターではなく家庭用ゲームで育ってきた世代ならではと言えます。

ときど選手との再戦

AbemaTVで放送中の『賞金首 SFV AE』第6回放送の際、ときど選手との再戦が行われました。

内容は非常に良く、長所は出た対戦でしたが、惜しくも試合には敗れてしまいました。

落ち込んではいたものの彼の表情は笑顔でした。

アメリカの若手プレイヤー『Punk』

出典:Liquipedia

そんな超人的なPunk選手ですが、実はゴーゴーカレーが大好きで、来日したら必ず食べるそうです。

第7回放送ではときど選手とペアを組んだトーナメントを番組内で行い、見事優勝して賞品である「ゴーゴーカレー食べ放題(プロデューサーのおごり)」を獲得し、喜んでいました。

Punk選手はストⅤ以外にも様々なゲームをプレイするマルチプレイヤーです。

今後の大会でも上位に食い込んでい来るであろう、若手注目プレイヤーです。

スポンサーリンク

-プロゲーマー
-

Copyright© ミュゲムス - eスポーツを令和でも盛り上げる情報サイト , 2019 All Rights Reserved.